著書・コラム

    「居心地のよい住まい」は朝日新聞(東京本社版)の夕刊マリオンに、2000年10月から2001年09月の1年間の間、連載されたコラムです。バリアフリー住宅をテーマとした住まいづくりのコラムとして、執筆させていただきました。ご愛読ありがとうございました。

    バリアフリーライターの岩崎みどりさんと対話形式でまとめた、バリアフリー住宅の居心地のよさを考えた本です。「まだ若い・まだ早いと思っているいまから準備を!! 住み心地の良い家づくりのヒント集」というタイトルがつけられました。

    • 第1章 バリアフリー住宅とはなにか
    • 第2章 ポイント解説でわかるバリアフリー住宅の基礎知識
    • 第3章 図解でわかる「場所別・空間別」リフォーム事例集
    • 第4章 図解でわかる「住宅別・目的別」リフォーム事例集
    • 第5章 バリアフリーの目的は居心地の良い住まいをつくること
    古本でよければ、amazon で購入できます。書店では、あまり並んでいないかもしれませんが、市町村の図書館には、よく並んでいます。図書館にいらっしゃたら、せひ、ご覧下さい。

    高齢社会の住まいをつくる会の仲間4人で,7年がかりでつくっていた本が、ようやく出来上がりました。

    この書籍は在宅医療に関する、全7巻の本格的な書籍です。多数の執筆者によって書かれたものですが、私たちは「在宅医療と住まい」の部分を執筆いたしました。

    友人の作業療法士の斉藤紀子さんとまとめた 福祉住環境コーディネーター試験のテキストです。 「3つのステップ構成で学習効率をアップ。短時間で合格するための最強問題集」と、見出しが付けられました。

    「AERA 2005年12月12日号」の特集、住まい「夫婦見つめ直す 定年リフォーム」に、埼玉県のTさんの家が紹介されました。45ページから47ページです。ぜひ、ご覧下さい。車いすの奥さんと、ご主人です。 - 人生の節目迎えるふたりの共同事業 - 夫婦が力を合わせて築いた家。定年前後ともなると、くたびれが目立つ。第二の人生にふさわしく仕立て直そうか。久しぶりにふたりで力を合わせて、「第二のケーキカット」のように。

  • 1