2017.08.05〈9954〉

竣工後4年になるお住まい。木製建具とアルミサッシのメンテナンスにお伺いしました。あまりにも入居時のきれいな状態のまま、タイムスリップしたかのようでした。テレビ台の上に着工前に作成した、懐かしい模型がありました。スタデイ模型も大切にしていただいています。

2017.08.05 外観では、敷地は東側の一辺が斜めになっていて、この部分を無駄にしないようにしました。平面計画は難航が予想されたのですが、設計する時間を1年ほどもらえましたので、4年経ってお伺いしても、うつむきがちにならなくてすみました(2013.05.02)

Image

このお住まいでは、子どもさんのお部屋に飾ってありました。子ども部屋の位置は、この模型の2階の左側です。傾斜地に建っているので、道路から玄関まで階段があります。子どもさんたちに大切にしてもらっています。


昔の木造の小学校のような、杉板貼り木造2階建てのお住まいです。この住まいの設計は、住まいてさんご夫婦との共同設計と言えるものです。最初の打合せから3年間、あたためてきた住まいは、こんなにシンプルな形になりました。

Image

着工間近の打ち合わせに、住まいてさんがこの模型を造り、持ってきてくれました。感動している私に、住まいてさんは言いました。

「大瀧さん、これって逆じゃないですか? テレビなんか見ていると、普通は設計士さんが施主に模型をプレゼントして、施主がよく感動してるじゃないですか... 」。


Image

現在、工事進行中のお住まいの模型です。住まいてさんとの打ち合わせでも、現場をイメージしやすく重宝しています。

中央部分の縦長の細長い開口は玄関ドアです。実は今日の打ち合わせは、このドアの色の再打ち合わせなのでした。

実は一度決めてもらった色は、設定がなく選べなかったのです。設計者として少し情けない類の打ち合わせでした... 。