2017.08.06〈9953〉

この週末は毎年恒例の、「狭山市入間川七夕まつり」です。狭山市駅西口の市民広場から、七夕通り商店街を中心にした沿道は、七夕飾りや露店で埋めつくされます。中でも私は、お化け屋敷が楽しみなのです。そんなお化けにちなんで、私が建築の仕事の中で体験した、背筋が凍った話を3話、ご紹介します。

2017.08.06 このお化け屋敷は、七夕通り商店街の中の、神社の境内に設営されます。この記事の写真は友達と出かけている娘が撮影したものです(2017.08.06)

Image

ひとつ目の話は、私に原因があった、その場を凍りつかせた話です。

某所で4人家族とご主人のご両親の、2世帯住宅の設計施工を依頼されました。

着工を目前にしその日も、2時間ほどの打ち合わせがあり、打ち合わせの後は雑談になりました。

今日の打ち合わせは、ご夫婦さん、子どもさん、ご両親さん、みんな揃っていました。

「子どもたちにとって、住まいの面白い工夫は何かないかな」とご主人。

私は「そうですね、リビングにブランコを付けたり、階段の脇に滑り台を付ける。そうそう、ご両親宅との間仕切り壁に、トンネルを作るなんてアイディアもありますよ」。

するとお母さまが、「そんな、トンネルがあったら、落ち着かなくなるでしょう」と内心悪くないなというような表情をしました。

私、言ってしまったんです。

「子どもは通れても、大人が通れない大きさにしたらいいんですよ」。

賑やかだった、リビングにいたみなさんが(ふたりの子どもさんまでも)、本当に凍りついてしまったんです。

私は結構、失言が多いのですが、この言葉がもっともいけない一言でした。反省しています。すみませんでした。

Image

ふたつ目の話は、建築科の同級生とランチをしていた時の話です。この話も私に原因があり、友人を凍りつかせた話です。

某大手住宅メーカーで設計をしている友人と、彼の営業所の近くのレストランで、ランチをしていた時の話です。

「待たせて悪かったな、打ち合わせが延びちゃってさ」と、友人は遅れて現れました。

お互いに忙しく、数年ぶりだったので、食事を待つ間も、食後も、話が途切れません。

建築の仕事の中でも、同じ住宅設計をするもの同士、私は「今までやってしまった失敗談」の話を振りました。

私は、お互いが造った住宅の自慢話をするよりも、失敗してしまったことを共有することの方が意味があると考えているからです。

お互いに失敗談を披露していく中、友人は「でも、一番ヤバカッタのは、中間検査を受け忘れた時かな」と、話を続けます。

木造住宅のような小規模の建物でも、工事の進行に合わせて、数回の検査を受け合格していかなくてはなりません。

その検査を受け忘れるということは、かなりの大事件なのです。せっかく造ったものを壊さないといけないこともあるのです。

そんな中、彼は、私の肩越しをじっと見つめ、凍りついてしまったんです。

彼は足早に会計を済ませ、レストランを後にすると、私にこう言いました。

「オオタキに隠れて見えなかったけど、後ろにいた夫婦、俺さっきまで打ち合わせしていた、お客さんだったんだよ... 」。

Image

最後のお話は、江戸末期の古民家を手に入れた友人の話です。

古民家を活用したいとリフォームの相談を受け、まずは友人とふたりで、建物の調査をすることになりました。

その建物は、「置屋」さんとして建てられたそうです。置屋とは、芸者遊びのできる料理屋のことです。

ふたりともこの古民家の中にいるのですが、私は1階の調査、友人は屋根裏部屋を点検していました。

スケールで寸法を測り、方眼紙に書き写していきます。「うまいなぁ」と私は感心します。合理的で美しい間取りなのです。

書き写すのと同時に、「この壁、壊してもいいかな」と、リフォームの間取りを考えています。

すると、隣りに人の気配を感じました。

正確には人の気配ではなく、誰かが隣りから、この古民家を説明してくれているように感じるのです。

すると、遠くから「やめてよ」と、友人の声が聞こえました。

私は2階に上がっていくと、屋根裏部屋から友人が降りてきました。

「私まだ居たんだから、電気消さないでよ」。

「消してないよ、1階に居たんだから」。

「... 」

けれども、ふたりとも怖くないのです。

「以前、ここにいた芸者さんたちが、喜んでくれたのかもね...」。