2017.08.31〈9928〉

永遠に心に刻まれる言葉ってありますよね。15年ほど前に梅田駅のおでん屋さんで、在阪の建築家と食事をしていた時の話です。おでんを食べながらの建築談義。話題が建築以外に、それることはありません。建築家は言いました。「窓っていうのはね、お能の面に、目を彫り込むように、慎重でなくっちゃだめなんだよ」。

2017.08.31 木工事は、全て大工じゃないと、できない訳ではありません。今日の私の仕事は、私でもできる木工事をしています(2017.08.31)

1階は外の景色を眺めるような、建物の用途ではありません。

1階の窓は、75cm角の正方形の窓が、高い位置に点々と並んでいます。

これは、比較的小さなガラス面で、効率よく採光する工夫です。

Image

中心にある窓に近寄って、外を眺めると、南国のような高木。

この木、ソテツって言うんでしたっけ。

いわゆる建築家の設計では、「コンセプト」というテーマを、

あらかじめ設定し、それに基づいて設計を進めていくそうです。

Image

しかし、私の場合は、そうではありません。

建物の工事が進行していくと、「これがしたかったんだ!」と、

ふと、気づくのです。この小さな正方形の窓もそうでした。

小さな正方形の窓は、さながら「額縁」のようです。

それぞれの「額縁」、正方形の窓が切り取る小さな景色は、

住まいてさんだけでなく、この建物を訪ねた人たちを、

楽しませてくれるでしょう。

静かな昼休みに、「これがしたかったんだ... 」と、

ひとりつぶやきます。

さて私は、建築家になれるでしょうか... 。