2017.08.24〈9935〉

住まいてさんから、金運が授かるという、お守りをいただきました。旅先の神社で、わざわざ私の分まで。本当にありがたいです。住まいてさんの利益と、工務店の利益は、相反するものかもしれませんが、ある住まいてさんから、「三方よし」という言葉を教えていただいたことがあります。

2017.08.24 金運が授かるという弁財天のお守りです。さて、今日は新しい仕事の依頼を、ふたついただきました。早速、ご利益が...(2017.08.24)

「三方よし」とは、近江商人の哲学なのだそうです。

近江商人とは、中世から近代にかけて活動した近江国・滋賀県出身の商人です。

三方よし

三方よし「売り手よし、買い手よし、世間よし」

売り手の都合だけで商いをするのではなく、

買い手が心の底から満足し、

さらに商いを通じて、

地域社会の発展や福利の増進に貢献しなければならない。

ja.wikipedia.org/wiki/近江商人

そもそも、住まいてさんの利益と、工務店の利益は、

相反するものかもしれません。

住まいてさんが得をすれば、工務店が損をする。

工務店が得をすれば、住まいてさんが損をする。

そんな関係ではなく、地域社会を含めた「三方よし」に、ならないものなのか。


工務店としての経費を抑える、いくつかの工夫があります。

「自社ビルや住宅展示場をもたない」

「経営者、営業職をおかない」

「宣伝、広告をしない」

1級建築士の私が設計をし、34年のキャリアを持つ大工の弟が仕事をする。


それぞれの住まいで、住まいてさんから教わったことは、

次の住まいてさんだけではなく、ホームページを見てくれた人や、

ライバルとなる同業者だとしても、その役に立つこと。

「この現場が最後の現場になるかもしれない」という、

緊張感を常に持って、一つ一つ造らせてもらいます。