2017.08.10〈9949〉

「麦わら帽子見たいな黄色にしたい」との要望を受けて、外壁は不思議な黄色になりました。玄関ポーチの床タイルを探すも、なかなか似合うものが見つからず、30mm厚の天然石に落ち着きました。厚みはそのまま、表面に表れます。思わず触りたくなるような、玄関ポーチに仕上がりました。

2017.08.10 このお住まいは、車の通りの少ない静かな住宅地の角地でしたので、道路と玄関までの距離を、ぴったりとくっ付けました(2011.05.18)

Image

30mm厚の天然石には「20cm角・20cmx40cm・40cm角」のサイズがあり、

さて、その配置をどうしたものか。

揃えすぎずにしながら、不揃いにならないように。

「適当に並べてくださいよ」とお願いすると、「適当が一番難しいんだよ」と。

Image

玄関ポーチに求められることは、「公」である街並み・道路と、

「私」である住まいとを一体にすることです。

このお住まいが建つ住宅地は、1区画の敷地は広く緑も多い住宅地です。

暮らしやすいだけではなく、ご近所さんが気軽に立ち寄れるようにしたい。

そんな、オープンな玄関ポーチを願いました。