お宅訪問

    2009年に竣工した、東京都西部の築4年になるお住まい。木製建具とアルミサッシのメンテナンスのお伺いしました。あまりにも入居時のきれいな状態のまま、タイムスリップしたかのようでした。テレビ台の上に着工前に作成した、懐かしい模型がありました。外観では、敷地は東側の一辺が斜めになっていて、この部分を無駄にしないようにしました。平面計画は難航が予想されたのですが、設計する時間を1年ほどもらえましたので、4年経ってお伺いしても、うつむきがちにならなくてすみました。

    このお住まいが竣工したのは、昨年の5月でした。住まいてさんが1年がかりで選んだ絵を、玄関正面の壁に掛けてきました。アイストップとなるこの壁は、左右の引戸を同時に引き込むための壁、素材はゴム集成材です。

    2015年末に家具設置した住まいてさんのお宅に、今日も訪問しました。一見すると住宅ではなく本屋さんのようです。たくさんの文庫本が色とりどりで、とても綺麗でした。

    釜の蓋を僅かに開けておき、湯が沸いたときに蓋が、かたかたといわないようにしておきます。今日も稽古の前に、おじゃましました。

    OSB合板貼りのインナーガレージ、2007年に竣工したお住まいです。8年が経過した2015年の年末に、訪問しました。今回は天井にH鋼を取り付けてほしいと依頼をいただきました。

    2015年6月27日、有志が集まり初めての「バリアフリーマージャン」が、都内某所で開催されました。みなさん、10年以上していなかったと言いながら...。強かった...。