兼用住宅 [ 34 - 36 ]

兼用住宅(1)- 美容室と住宅水回りを接点に - 第34回

兼用住宅(1)- 美容室と住宅水回りを接点に - 第34回

美容院と住宅を兼ねた建物のリフォームをしました。依頼主は60歳になったばかりの女性で美容師です。築25年の一戸建て住宅ですが、17年前に住宅の半分を建て替えてあります。今回の工事では、建て替えた部分をリフォームし、元からあった部分を新しく建て直しました。

兼用住宅(2)- 高齢対策、生活コンパクトに - 第35回

兼用住宅(2)- 高齢対策、生活コンパクトに - 第35回

今回の依頼主は人一倍元気な人でしたが、高齢になったときに備えて、兼用住宅の住宅部分の改修を考えました。2階建てですが、1階住宅部分の約70平方メートルだけでも生活ができるように、また、できるだけ生活部分がコンパクトになるようにまとめました。必要以上に広い住宅も、とくに高齢になると持て余すからです。

兼用住宅(3)- 依頼主の「夢」と「思い出」両立 - 第36回

兼用住宅(3)- 依頼主の「夢」と「思い出」両立 - 第36回

前回に続く兼用住宅の2階の話です。2階には美容室に関連した部分はありませんが、アトリエがあるので、一般の住宅とは少し趣が違いました。アトリエは約30平方メートルあり、依頼主の夫の画家のものでした。夫は3年前の夏、チェコの街角でスケッチをしているときに倒れ、亡くなりました。