介護保険 [ 01 - 06 ]

介護保険1 - 急増した手すりの設置 - 第01回

介護保険1 - 急増した手すりの設置 - 第01回

今春の介護保険のスタート以来、私どもの建築事務所への住宅改修の依頼がざっと5倍になりました。中でも多いのが、手すりを設置して欲しいという要望です。介護保険がカバーする住宅改修の費用は20万円が限度で、その9割の18万円が支給されます。

介護保険3 -「段差ない床」今や常識 - 第03回

介護保険3  -「段差ない床」今や常識 - 第03回

介護保険関係の住宅改修の要望で、手すり設置の次に多いのが床の段差をなくしてほしいというものです。ただし、面積にもよりますが、工事費は介護保険の支給限度基準額の20万円(支給額は18万円)を超すことが多くなります。その場合、20万円を超す部分すべてが、自己負担となります。