〈2002〉屋根の出は長く、破風板は薄く

〈2002〉屋根の出は長く、破風板は薄く ・・・屋根断熱構造パネルのメリットは断熱性だけでなく、外観のきれいに見せることです。

屋根と破風板の厚みの合計が、120mmほどと薄くつくる。この厚みでも軒の出を1mほど出すことができる。軒の出はできるだけ長く、破風板はできるだけ薄くすること。

❖ ❖ ❖

破風板は屋根材と同じガルバリウム鋼板で巻くのが、耐久性が高くなります。この敷地は住宅街の角地、屋根を長手に緩くかけ、印象的な外観になるように考えました。