黒衣の2階建て:2階の木工事完了 2017.10.13〈9885〉

私が住まいを考えるときに、大切にしていることがあります。「外からは小さく見えて、中に入ると一転、広がりがある」ことです。この建物では特に、そのことを留意しました。道路に対して建物の間口を狭く、屋根を低くしました。工事中に訪れる人たちは、思いのほか大きな建物であることに驚きます。

黒衣の2階建て:2階の木工事完了 2017.10.13 黒衣(くろご)とは、『歌舞伎(かぶき)で、役者の後見役。また、後見役が着る黒い装束』。黒衣のように、屋根も外壁も真っ黒な外観になります(2017.10.12)

Image

上の画像と同じアングルの、模型の写真です。周囲の建物と比べると、

大きな建物になるので、出来るだけ建物を、小さく見せたかったのです。

建設費を、ローコストに抑えたかったので、

外観のデザインは、迷いようのないシンプルなものです。

Image

さて、内部はこんな感じです。ちらっとお見せします。

2階の大きさは、1階の半分ほどしかなく、残りは吹き抜けです。

1階の吹き抜けの天井は高く、屋根なりの勾配にしました。

Image

通常、木工事は、上階から仕上がっていきます。2階が仕上がりました。

この建物のイチオシの場所を、ご紹介します。2階の東南のコーナーです。

ふたつの窓を繋げて、外の景色を眺めやすくなっています。

のんびりとした眺めは、きっと住まいてさんの心を、和ませてくれるはず。

Image

「ぽつん」とある窓は、75cm角の正方形の窓です。

『人は無意識に、左側を注視している』、人の本能なのだそうです。

身体の左側にある、心臓をかばっていたときの名残りだそうです。

正面の大きな壁の左側に、「ぽつん」とある窓は、

小さくても、すぐに目に入ってきますが、

仮に右側にあれば、窓の大きさが同じでも、目に入りにくくなるはずです。

Image

今日の私の仕事は、2階の掃除でした。掃除もまた、大切な仕事なのです。

今週末から塗装、来週には、ビニールクロスを貼り始めます。

2階から、1階を見下ろします。壁は、板貼りです。

1階の天井は、梁をそのまま見せた、ダイナミックな空間です。

大滝建築事務所の、ほとんどの建物の木工事は、弟、善賀津によるものです。

シンブルに見えるこのお住まいも、随所に、弟の工夫が見てとれます。

その1階は、来週、ご紹介します。お楽しみに!