我が家をご紹介します(2階和室) 2017.10.03〈9895〉

我が家は2階にも和室があります。和室は、多目的に利用できて重宝なのですが、現在は、室内干しやアイロン掛けをする、「家事室」として使っています。部屋の広さは6帖から、45cmほど広くなっています。そこはたんす置き場として、造り付けの洋服入れと、小さな桐だんすがふたつ置いてあります。

我が家をご紹介します(2階和室)  2017.10.03 2階の和室は屋根形状により、平らな天井にすることができずに、船底天井にしたようです。いかにも「昭和」な和室ですが、私は気に入っています(2008.12.13)

この和室には、押入れがありますが、洋服入れがありませんでした。

たくさんの既製品がありますが、造り付け家具として製作しました。

Image

掃き出しの障子を開けると、バルコニーがあります。

バルコニーで乾いた洗濯物を、この部屋ですぐに、たたみむことができます。

Image

洋服だんすの奥行きを、45cmと浅くする必要がありました。

奥行きが浅いために、洋服は重なるようにパイプに掛けます。

やや使いにくいのですが、家具の外形を優先した結果です。

Image

3枚の引き戸にしましたが、無理して、引き戸にこだわらなくてもよかったかも。

Image

造り付け家具のメリットは、幅や奥行きを自由にできることです。

桐だんすに合わせて、ぴったりと収まるのは埃も溜まらず、気持ちいいです。

Image

「船底天井」は、何とも粋な建築用語です。

中央部が両端より、高くなった天井を、あえて「船底」に例えるのですから。

そんな、粋な例えを思い浮かべた、先人の棟梁たちに申し訳ないのが、

「新建材」と呼ばれる、プリント合板の偽物の天井板です。

本当の木材ではない、木目を印刷した紙を貼った板は、時代の要請とはいえ、

日本の住宅を、一気に、つまらないものにしてしまいました。

本物の木材は、年月を経て濃色になっていきます。材料が年をとるのです。

一方、新建材は、年月を経ても変わらないのです。材料が年をとらないのです。

Image

ヒバを加工した長押を、壁にひと回り取り付けました。

「長押」は、ふり仮名が必要な建築用語です。「なげし」です。

当初「長押」は、構造補強するために、柱に打ち付けられた部材でした。

やがて、構造的な必要性を失っても、装飾的な部材として残っていきました。

小学生の頃の私は、「なげし」と読むことを、父から教わりました。

『長押の裏に、武士が不意の襲来に備え、槍(やり)を隠しておいた』とも。

Image

最近の住まいづくりでは、和室は少なくなりました。

多目的に利用できる和室は、「来客の寝室」にもなります。

将来は、私の寝室になるかもしれませんが、

以前は「遊び場所」として、毎日、夕食の後、使われていました。

この家具や押入れの中に隠れたり、畳のへりを歩く、鬼ごっこをしたり。

そんなに昔のことではないのですが、随分と昔のことに感じています。

我が家