車いすユーザーが世話をしやすい、にゃんずのおトイレ家具

両面使いの間仕切り家具として製作した、にゃんずのおトイレです。幅が90cm、奥行きが53cm、高さは天井いっぱいにしました。車いすユーザーがトイレの世話をしやすいように、トイレの高さは床から、60cmほど高くしました。

車いすユーザーが世話をしやすい、にゃんずのおトイレ家具 左側は廊下側から外観、右側は寝室側から外観です(2016.08.27)

車いすユーザーが世話をしやすい、にゃんずのおトイレ家具

廊下側からの外観です。左側の引き戸は寝室へつながり、右側の折れ戸は、ヒトのトイレです。廊下は来客さんも通るので、にゃんずのおトイレ家具だとは気付かれないようにしました。猫ちゃんたちにとっては、こちらは裏側になります。

車いすユーザーが世話をしやすい、にゃんずのおトイレ家具

引き違い扉を開けてみました。上の棚には、餌やお出かけグッズなどの猫関連のグッズを収納しておきます。

車いすユーザーが世話をしやすい、にゃんずのおトイレ家具

下の段はキャスターの付いた引き出しになっており、猫砂など重たいモノを収納します。

車いすユーザーが世話をしやすい、にゃんずのおトイレ家具

そして中の段が、にゃんずのおトイレになっています。この扉は上部に引き込むように収納できます。2台のトイレがぴったりとはまる、棚になっています。

車いすユーザーが世話をしやすい、にゃんずのおトイレ家具

実はこの棚、スライド式になっています。トイレの世話をするときはこんな感じに手前に引き出します。トイレの奥までスコップが届きます。

車いすユーザーが世話をしやすい、にゃんずのおトイレ家具

隣りの折れ戸を開けると、ヒトのトイレと一列に並びます。トイレに流せる猫砂をすぐに流すことができます。ただ、猫のうんちは水は水に溶けないので、排水管を詰まらせる原因になるのだそうです。

車いすユーザーが世話をしやすい、にゃんずのおトイレ家具

トイレの内部は、常時換気の換気扇と、LEDの常夜灯を取り付けました。トイレに合わせて、かまぼこ型の出入口が2ヶ所空いています。出入口の向こう側が寝室になっていて、猫ちゃんたちはそこから出入りします。

車いすユーザーが世話をしやすい、にゃんずのおトイレ家具

にゃんずのおトイレの出入口がある、寝室側が表側になります。当初、この出入口まで上がる、階段を作りたいと思っていたのですが、これといったデザインを決めることができませんでした。階段状に並べたのは、無印良品で見つけた、ウォールナットの棚でした。

車いすユーザーが世話をしやすい、にゃんずのおトイレ家具

住まい手さんのブログ「三角形・・・△(2016-09-13)」の記事です。『ママしゃんのえっち・・・覗かないででち』果たして、家具の中のトイレを、猫ちゃんたちが覚えてくれるか心配だったのですが、ひと安心です。

猫ちゃんの元気な毎日が楽しい、住まい手さんのブログをご紹介します。『ららぁ&ここあ だ~いすきだよぉ♪ - 我が家の猫ちゃん ららぁ&ここあの元気な毎日 -