森の中に浮かんでいるような書斎〈2015-1129〉

ラフな感じにしたかったので、天井はネダレス合板のあらわし、壁はOSB合板のあらわしのみ。本棚はしな合板で製作した。とはいえ、屋根の合板の外側に断熱材を敷き詰め、扇風機で夏が越せるようにした。工作が趣味の住まいてさんが、この空間そのものを「工作」できるよう、一見未完成な状態で引き渡された。

森の中に浮かんでいるような書斎 2007.08.11