タモ無垢材のテーブルの再塗装 - 刷毛引きではなく吹付け塗装で〈2015-1114〉

リフォームをすると困るのは、内装や建具がきれいになるに連れて、今まであまり気にしていなかったところが、気になってくることです。住まい手さんが長く愛用していた、タモのダイニングテーブルは、端の一部の塗装が剥がれていました。

タモ無垢材のテーブルの再塗装 - 刷毛引きではなく吹付け塗装で 2013.12.24

タモ無垢材のテーブルの再塗装 - 刷毛引きではなく吹付け塗装で

そこで再塗装をと頼まれたのですが、テーブルは他の家具とは違い、目に近い位置で手で触れるものなので、現場での塗装はできず、工房に持ち帰り、古い塗装を全て剥がし、薄く着色してから、クリヤーラッカーを吹付けて仕上げました。

タモ無垢材のテーブルの再塗装 - 刷毛引きではなく吹付け塗装で

あまり光沢を出したくないとのご要望でしたので、クリヤーラッカーは「半艶」のものを選びました。仕上がってみると、やはり通常の刷毛塗りでは真似できない、綺麗な仕上がりになりました。