細長い洗面室を有効に使うための、洗面台と収納棚〈2015-0529〉

間口122cmの細長い洗面室には、TOTOのVシリーズはローコストでシンプル、おすすめの洗面台です。難点は収納棚の選択肢が少ないこと。収納棚をオーダー家具を製作して、トイレを兼ねた洗面室を有効に使えるようにしました。

細長い洗面室を有効に使うための、洗面台と収納棚 トイレを兼ねた洗面室ですので、換気扇や壁面材でニオイを低減させます(2015.04.25)

細長い洗面室を有効に使うための、洗面台と収納棚

吊り戸棚の奥行きを45cmと大きくしました。収納量を優先したので、それなりの圧迫感があるのですが、ホワイトなのでその圧迫感を緩和できました。3組の両開き扉は、プッシュオープンにして取手をなくしました。

細長い洗面室を有効に使うための、洗面台と収納棚

オーダー家具で製作するならば、Vシリーズの洗面台にぴったりと合わせました。事前にTOTOのショールームに行き、奥行きと巾木の高さを採寸してきました。洗面台と収納棚の奥には洗濯機スペースがあり、ガス乾燥機も取り付けました。

細長い洗面室を有効に使うための、洗面台と収納棚

洗濯機スペースの奥の扉は書斎への折れ戸です。タンクレス便器のリモコンと、ペーパーホルダーの取り付け場所がありません。困りました。