我が家をご紹介します(玄関・廊下) 2017.09.29〈9899〉

101番目の投稿は、我が家のことをご紹介させてください。私の住まいは埼玉県の西部、狭山市にあります。新宿まで電車で50分程の所です。七夕祭りで有名な、入間川の北岸に拡がる、分譲地の中にあります。建築家らしくない家だねと、ご近所さんから言われている家ですが、どうぞ、お上りください。

我が家をご紹介します(玄関・廊下)  2017.09.29 我が家は、大滝建築事務所の「リフォーム」の、ショールームを兼ねています。ご興味のある方は、ぜひ、いらっしゃってください。春になると桜が咲き並ぶ、遊歩道が近くにあります(2006年撮影)

2002年、この築25年の中古住宅を、購入することができました。

住みながらではできない、大掛かりなリフォームを終えてから、

引っ越しをする計画を立てました。 当時、私は30代後半でした。

この先もう一度くらいは、リフォームする機会があると考え、

車いすを想定するほどの、バリアフリーにはしませんでした。

Image

どうぞ、お上りください。

Image

まずは玄関室から、ご紹介します。

2帖しかなかった玄関を、3帖にしました。増えた1帖分は、トイレでした。

窓が不自然に、ふたつ並んでいますが、右側の小さな窓はトイレの窓でした。

造り付けの玄関収納は、高さは70cm、奥行きは40cm、長く低く造りました。

飾り棚を兼ねるようにしました。3月のひな飾りの写真です。

Image

玄関の真正面には、壁を造りました。マティスのポスターが掛けてあります。

「玄関ドアを開けたとき、視線を壁にぶつける」と、私は言っています。

これは玄関土間から、廊下や家の奥まで、見通せないようにすることにより、

玄関に部屋としての性格を与え、簡単な接客をしやすくするためです。

ご近所さんが来ると、よく玄関ドアを半開きにして、応対する場面があります。

視線を壁にぶつけて置くと、家の中が丸見えにならないので、

ご近所さんが不意にいらっしゃても、玄関の中にまで入ってもらえます。

Image

玄関を右に曲がると、LDKに向かう廊下です。

この廊下の左側には、階段と、その隣りに洗面室の入り口があり、

右側には、外出着専用の収納と、和室の入り口があります。

洗面室、和室とも、LDKに面しているので、

ぐるりと8の字に、ひとまわりできる動線になっています。

階段の位置は変えませんでしたが、カーペットを貼り替えました。

蹴込み(垂直面)は、合板貼りにして白く塗装し、

踏み面(水平面)にだけ、タイルカーペットを貼りました。

蹴込み(垂直面)と、踏み面(水平面)にメリハリができて、

階段の段鼻(先端の角)が、くっきりと見えるようになりました。

Image

LDKから、廊下越しに玄関を見ると、こんな感じです。

私はこんな風に夕方、我が家に帰ってくると、

洗面室で着替えをすると、ダイニングテーブルに腰を下ろします。

次回は、ダイニングをご紹介します。

我が家