シンプルな暮らしの中に、アクセントを 2017.09.25〈9903〉

住まいそのものが主役のなるのではなく、住まいてさんがお持ちの、家具やカーテンなどが引きたてるような、リフォームをご紹介します。このお住まいは、大きな面積ではありません。シンプルな暮らしに、少しだけアクセントを加える、ゆったりとした、居心地のいい空間を目指しました。

シンプルな暮らしの中に、アクセントを 2017.09.25 このお住まいのリフォームの目的は「耐震・断熱・バリアフリー」そして「シンプルな暮らし」でした(2015.04.25)

Image

東西に長いLDK、以前は掃き出し窓は、2か所ありましたが、

この「3枚引きの掃き出し窓」だけにしました。

「3枚引き」は「引き違い」に比べ、開けた時の開口幅が広くなります。

屋根のついたデッキに繋がります。

Image

玄関室からは、すぐにこのLDKに入ります。廊下を極力少なくしました。

引き戸は、開けっ放しにできるのが長所です。

LDKから、階段の昇り口が見えるのは楽しいです。

階段の上り始めにある窓は、北側に面しています。

窓の高さを少しでも高くすると、光は多くは入ってきます。

Image

システムキッチンをつくった場所は、以前は掃き出し窓でした。

あえて、「掃き出し窓をなくし、システムキッチンにする」というのは、

住まいてさんと悩みましたが、決断しました。

将来、隣家が建て替えれば、ここからの採光は、期待できなくなるからです。

そしてそれは、そんなに先ではないように、思えたからでした。

インテリアコーディネートは、ホワイト一色にまとめましたが、

その明るさで、なくなった掃き出し窓の明るさを、補なえると考えました。

Image

ホワイト一色にまとめましたが、ひとつだはアクセントを加えました。

このダークブラウンのシステムキッチンです。

キッチンパネルは、さらに暗いブラックです。

ホワイトとの内装の対比が、ホワイトをより明るく見せ、

LDK全体を、面白くしてくれました。

Image

LDKのほとんどの照明は、ダウンライトですが、

ひとつだけ、ペンダント照明でアクセントをつけました。

この照明の下に、ダイニングテーブルが置かれます。

この照明、天井に映る光のパターンまで、美しいのです。

光のパターンを美しく見せられるのも、ホワイト一色にしたおかげです。

Image

LDKの隣りには、もうひと部屋あります。

その部屋の奥は、さらに水回りスペースにつながります。


大きくないお住まいを、広々と感じさせる方法は、

「引き戸を多用し、対角線の見通しがをよくする」こと。

ゆったりとした、居心地のいい空間になりますよ。

後は、住まいてさんが、いかに住みこなしてくれるかが、楽しみです。