様々な居場所を「はしご」できる住まい 2017.09.09〈9919〉

最近気付いた住まいでの大切なこと。それは「居場所」です。居心地の良い居場所が、たくさんある住まいが、「豊かな住まい」だと気付いたのです。その時の気分に合わせて、様々な居場所を旅するような、と言うよりは「はしご」できるような住まいって、よくないですか?

様々な居場所を「はしご」できる住まい 2017.09.09 この1階の寝室の真上に、全く同じな2階の寝室があり、同じ位置にベッドが置いてあります。外の景色や部屋の明るさが異なる、2か所の寝室がある「豊かな住まい」です。

LDKに繋がる寝室に置いたベッド。ここが「ひとつめの居場所」です。

ベッドで横になっていても、LDKの奥にあるキッチンの様子まで一望できます。

ベッドの端に腰をかけると、大小さまざまな窓から、外の景色を眺められます。


居場所(いばしょ)とは、居るところ、

また、座るところのことであり、自分が存在する場所のことである。

自分の持っている能力を、一番発揮できる分野を指すこともある。

ja.wikipedia.org/wiki/居場所

Image

「ふたつめの居場所」は、寝室の中ににある、小さな机です。

手紙を書いたり、ノートパソコンを開いたりするのに最適です。

左側からの採光なので、右手の影が手元を暗くすることはありません。

小さな机は大きな窓の脇にあるので、外にいるような気分になります。

Image 「みっつめの居場所」は、LDKのソファーです。のんびりと座ります。

テレビを観るのに疲れたら、庭の景色を眺めて目を休めます。

ソファーの脇の大きな食器棚は、キッチンを半分だけ隠します。

Image

「よっつめの居場所」は、LDKのダイニングテーブルです。

そのダイニングテーブルの脇にある、小さな窓には理由があって、

夜間に、左右の掃き出し窓のシャッターが閉まっても、

この小さな窓からは、小さな景色が見えるのです。

「この窓から眺めた雪景色は最高でした」とのことでした。

Image

「いつつめの居場所」は、2階にある書斎の大きな机です。

コーナー窓から見える景色は、のんびりとしていて、

物語に入り込みような、深い読書をするのに最適です。

2階にあるのですが、できるだけ体に負担がかからないように、

この書斎は、階段を上がったすぐの場所にあります。

Image

「むっつめの居場所」は、浴室のベンチと浴槽です。

小さな窓は東側にあるので、浴室を日中、明るくしてくれます。

朝からでも、気持ちよく入浴できます。

入浴って、体を温めてくれるだけでもありがたいのですが、

気持ちをリセットしてくれることも、ありがたいですね。

入浴後は、すぐにベッドに戻って来れるよう、短い動線になっています。

Image

庭の木の実をついばむ鳥たちからは、こんな感じに見えるはずです。

敷地東側の一辺が斜めになっていて、この部分を無駄にしないように、

建物の外形を段々になっています。シンプルな長方形にはなりませんでした。

1階は左側から、キッチン、ダイニング、リビング。

右側の少し出っ張っているところが、1階の寝室、2階の寝室です。

工事着工前に作った、スケッチ模型は、

今でも、LDKのテレビ台に載せられていました。

Image

設計者の中には、「バリアフリー住宅では、かえって体が弱くなる」という自論を、お持ちの方がいらっしゃいます。

寝室を和室にして、布団での就寝を勧めたり、寝室を2階につくり、階段での昇降はリハビリである、と言うのです。

しかし私は、それとは反対の立場をとります。

つまり、住まいは住まうひとに対して、無条件にやさしくあるべきだと、考えているのです。

日々の暮らしが、楽しいことばかりではないように、「体調や気持ち」も、いい時もあれば、悪いときもある。

そんな「今ひとつ」なときに、「住まうひとを、いかに優しく包み込めるか」が、住まいの最大の価値なのではと、考えているのです。