花を眺めながらの曲線スロープ - 実用性より大切なこと〈2014-0212〉

玄関土間までの高さをスロープで上がります。スロープは直線で造ることが多いのですが、楽しいスロープにしたかったので、緩やかな曲線にしました。バリアフリー住宅では何よりも実用性が求められがちですが、遊びごころを付け加えました。花壇にはたくさんの花、うらやましい花壇になっていました。

花を眺めながらの曲線スロープ  - 実用性より大切なこと 2013.08.31

2014.02.14

花を眺めながら - 曲線のスロープ

スロープの表面仕上げは、ベージュ色の綺麗な砕石を洗い出し仕上げをしました。

花を眺めながら - 曲線のスロープ

車いすでの昇降を考え、スロープの幅はたっぷりと広くしました。見た目が間延びしてしまうので、両サイドには乱形石で縁取りをしました。2本の真鍮棒に挟まれた部分は水平な踊り場とした部分です。

花を眺めながら - 曲線のスロープ

スロープの内側は花壇と池になっています。春が一番賑やかなそうです。

花を眺めながら - 曲線のスロープ

スロープの両脇は車いすが落ちないように、9cmの角天然石を数段積み上げて、立ち上がりとしました。

花を眺めながら - 曲線のスロープ

池越しからスロープが見え隠れします。バリアフリー住宅では何よりも実用性が求められがちですが、遊びごころを付け加えました。花壇にはたくさんの花、うらやましい花壇になっていました。