カーポートにつながる玄関ポーチ - 床埋め込み型の段差リフト〈2014-0417〉

車で通勤する車いすユーザーの方の住まいを造りました。玄関とカーポートは最短距離になるように平面計画をしました。カーポート面と室内の床面までの段差は30cmほど、玄関ポーチの床に段差リフトを埋め込み、この段差を昇降することにしました。

カーポートにつながる玄関ポーチ - 床埋め込み型の段差リフト 2009.05.27

床埋め込み型の段差リフト

屋根のついたカーポートから、この玄関ポーチまで、ポリカーボネート屋根を連続させました。雨の時も濡れずに家の中に入れます。

床埋め込み型の段差リフト

段差リフトを下げた状態です。タイル面と平になるまでリフトが下がります。リフト部分は20cmほどの掘り下げています。玄関扉は2枚引き込み型で、開口幅を80cm移乗確保できるものです。

床埋め込み型の段差リフト

リフトを上げた状態です。油圧式で昇降します。油圧ポンプのユニットは、室内の床下に収納しています。リフトの天板は縞鋼板製です。リフト面、玄関のタイル面、室内のフローリング面が平になっています。

床埋め込み型の段差リフト

リフトの昇降操作は、リフトの手すりに付いている操作レバーと、室内の壁に設置した、昇降スイッチの2箇所で行えます。