「衣類に合わせた3タイプの収納」車いすユーザーが使いやすく〈2014-0219〉

2016.12.03

「車いすユーザーが使いやすいクローゼット」を住まいてさんと一緒に考えました。10帖の寝室の間口3m程の北側壁面を、全面クローゼットにしました。クローゼットの奥行きは60cmと浅めにし、内部は3等分するように間仕切りを造りました。

「衣類に合わせた3タイプの収納」車いすユーザーが使いやすく 「便利・やや不便」程度の違いが、バリアフリー住宅の場合、「できる・できない」の違いとなってしまいがちです。「数cmの違い」を住まいてさんと一緒に、ていねいに考えました(2006.12.14)


衣類を効率的に収納できるクローゼット

「左端スペース」は、上部が可動式のハンガーパイプで、衣類はこのハンガーパイプに掛けます。下部は引き出しで、衣類は引き出しに収納します。

「中央スペース」は上下とも、衣類はハンガーパイプに掛けます。上のハンガーパイプは可動式、下のハンガーパイプは固定式です。

「右端スペース」は、可動式の棚板にし、たたんだ衣類を置いておきます。

衣類を効率的に収納できるクローゼット

3組の折れ戸を取り付けました。折れ戸は開閉するだけでなく、1組ずつ左右に動かせるように、スライド式にしました。

衣類を効率的に収納できるクローゼット

「パイプに掛ける」、「棚板に置く」、「引き出しにしまう」と、衣類に合わせた、3タイプの収納を使い分けました。

衣類を効率的に収納できるクローゼット

可動式のハンガーパイプの引き手を、手前に引き寄せると、ハンガーパイプが前に出ながら降りてきます。

衣類を効率的に収納できるクローゼット

「靴は数足しかない」とのこと。靴は玄関収納にしまうのではなく、この引き出しの天板に載せておきます。

衣類を効率的に収納できるクローゼット

鏡の付いた扉を開けると、洗面室につながっています。全身鏡は案外、取り付ける壁がないものです。このように建具にはめ込むことで解決しました。

このお住まいはこの収納に限らず、「建物に合わせて暮らすのではなく、ひとに合わせて造ること」を、大切にして造りました。