寝室のクローゼットを、車いすで利用する「1帖トイレ」に〈2016-0903〉

2016.09.11

LDKの隣りにある6帖の和室を、車いすユーザーの寝室にすることになりました。この寝室から既存のトイレまでは距離があり、車いすで使うには不便でした。そこで、新しく寝室にトイレをつくることになりました。

寝室のクローゼットを、車いすで利用する「1帖トイレ」に 鏡の付いた4枚折れ戸を再利用しました。車いすは折れ戸の手前に置くので、折れ戸を開けっ放しでトイレを使います(2015.06.06)


寝室のクローゼットを、車いすで利用する「1帖トイレ」に

この「1帖トイレ」の配置は、向かって左側は便器、右側は手洗いを兼ねた洗面台になっています。

壁に付いたL字型手すりは、便器への移乗、立ち上がりのために利用します。住まいてさんは、右側に力が入りにくい方でした。L字型手すりが、力が入る左手側になります。

手前側の手すりは、上下可動式の手すりで、便器に移乗した後に、姿勢を安定させるためのものですが、普段は使わないで済むそうです。

寝室のクローゼットを、車いすで利用する「1帖トイレ」に

この車いす用の洗面台は、トイレのコーナー部分に取り付けるタイプです。洗面台に向かった時に、便器が邪魔にならないようにするためです。

片手で使いやすいペーパーホルダーが見つかません。使いやすい大きさにカットしたペーパーを、洗面台のカウンター面に、あらかじめ置いておくそうです。

寝室のクローゼットを、車いすで利用する「1帖トイレ」に

洗面台上部は階段なので、天井が斜めになっています。鏡も洗面台同様に、コーナー部分に取り付けました。

鏡の左側は、壁の厚みを利用した埋め込み棚を取り付けました。鏡の右側には、埋め込み型のペーパータオルBoxを取り付けました。

寝室のクローゼットを、車いすで利用する「1帖トイレ」に

寝室に隣接するので、ニオイが気にならないように、天井に換気扇を取り付けました。壁には、ピンク色のタイル、「エコカラット」を貼りました。このタイルは、湿気やニオイを吸収してくれる材質です。

洗面台の水栓は、自動水栓にしましたが、すぐに取り替えることになってしまいました。というのも、自動水栓のセンサーの反応が良すぎ、意図しない手の動きで吐水してしまったからです。