「車いすから使いやすい位置に冷蔵を」車いすユーザーが使いやすい冷蔵庫選び〈2014-0106〉

車いすユーザーの住まいてさんと、家電量販店で冷蔵庫選びをしました。家庭で一般的な大きさの冷蔵庫だと、結局使えないところが多くなってしまうだけです。

「ひとり分の収納量があればいい」「車いすから使いやすい位置に冷蔵がある」との条件で探したところ、候補に上がったのが、167Lの2台の冷蔵庫でした。

「車いすから使いやすい位置に冷蔵を」車いすユーザーが使いやすい冷蔵庫選び 家電量販店の冷蔵庫売り場にて、ひとつひとつ、ドアを開けてみる(2013.12.26)


冷蔵庫のドアが全開できることが大切

バリアフリー住宅の新築にしてもリフォームにしても、平面計画を進めていくと、冷蔵庫の場所が重要になります。車いすで冷蔵庫からものを出すとき、冷蔵庫のドアを開けてから車いすを横付けするので、冷蔵庫のどちらかに自分のいるスペースが必要になるのです。

冷蔵庫は奥行きが大きいので、一般的に部屋の隅に置くことになります。冷蔵庫の左右のどちらかを壁になってしまうと、冷蔵庫のドアを全開することができません。冷蔵庫の左右にスペースを見込み、ドアを全開できることが大切です。

車いすから使いやすい位置に「冷蔵」があること

車いすから使いやすい位置に「冷蔵」がある冷蔵庫は、一般的な3ドアではなく、2ドアのものです。

ドアを開けやすくするために、吸盤で取っ手をつけました。

冷蔵庫の側面が見えないように、集成材の側板で隠しました。ドアが全開できるように側板は、冷蔵庫の奥行きよりやや小さく造りました。

三菱電機 168L 2ドア冷蔵庫 MR-P17A

この冷蔵庫は右開きタイプしかありません。冷蔵庫の隣りがパソコンカウンターになっています。心配していた冷蔵庫の音も小さく、気になりませんでした。

家族が多いときは、冷蔵庫を2台並べることも

冷蔵庫を2台並べることもあります。大容量の冷蔵庫の選んでも、車いすからでは使えないところが多くなってしまいがちです。「ひとり分の収納量があればいい」「車いすから使いやすい位置に冷蔵がある」「右側から使いたいので、扉は左開きで」との条件で探したところ、第一候補に上がるのはこの冷蔵庫です。

シャープ 167L 2ドア冷蔵庫 SHARP SJ-D17C,SJ-D17B

これ位の大きさだと右開きしかないのですが、この冷蔵庫はドアの開閉方向を自由に付け換えられる「つけかえどっちもドア」になっています。左開きとして使っています。