バリアフリーキッチンの第1作〈2015-0311〉

車いすユーザーの方から、バリアフリー住宅の設計施工を依頼されました。1995年ごろでしたが、その当時は、「バリアフリー」という言葉も聞かれませんでした。バリアフリー住宅を造りにあたり、商品選定で一番困ったのが、キッチンでした。よい既成品がなく、オーダーメイドで製作することにしました。

バリアフリーキッチンの第1作 東京ビッグサイトで開催される国際福祉機器展にて(2012.09.30)

バリアフリーキッチンの第1作

シンクは浅型のものを特注製作しました。スパイスボックスの裏側に照明を組み込みました。

バリアフリーキッチンの第1作

キッチンの下部はオープンにして、膝があたらないようにしました。流し台のへりに手すりを取り付け、片手でも車いすの操作がしやすくなりました。