分電盤も壁の手元廻りの高さに取り付け、壁に埋め込ませる〈2017-28〉

分電盤は普段は使わないものなので、洗面室のドアの上など高い位置に設置されています。しかし、その位置では、停電などの緊急時、ブレーカーの操作がしにくくなります。バリアフリー住宅では分電盤も、スイッチやリモコンと同じように、壁の手元廻りのレイアウトに加えるようにします。

分電盤も壁の手元廻りの高さに取り付け、壁に埋め込ませる 壁に取り付ける分電盤は、縦型の半埋め込み型がおすすめです。この住まいでは、分電盤の突出部を考慮し、ユニットバス面の壁から、分電盤が取り付く壁をわずかにずらしておきました。

2017.06.28

Image

通常、洗面室内に設置されることが多いですが、普段から目にしやすい、

廊下の壁面などに設置するようにしています。

このお住まいでは、玄関室の壁に分電盤が取り付けました。

半埋め込み型なので、突出部を薄く納めることができます。