コンパクトな水回り - 空間もインテリアもシンプルにして拡がりを得ること〈2013-0522〉

寝室に近くに2方向から入れるトイレ、右奥には洗面台、トイレの壁の向こう側にはユニットバス。インテリアは、「白・明るいグレー・木目」の3色にまとめた。引き戸を多く使うためには、床や壁の精度が必要になるので、スケルトンリフォームをさせてもらった。トイレの引き戸は2枚連動にして開口幅を広くし、その引き込み壁は造り付けの本棚にした。

コンパクトな水回り - 空間もインテリアもシンプルにして拡がりを得ること 2012.11.02

2014.01.19

コンパクトな水回り - 空間もインテリアもシンプルにして拡がりを得ること

便器の座面の高さは、最近の便器では床から420mmほどが多くなりました。バリアフリー住宅の場合、便器の高さをやや上げることで、さらに使いやすくなることがあります。

コンパクトな水回り - 空間もインテリアもシンプルにして拡がりを得ること

便器に座ったとき、膝が90度曲がってしまうと、便器から立ち上がるときに、膝に負担がかかってしまいます。便器の下に樹脂製の台を入れました。形は便器の輪郭に合わせて加工したものです。厚さ25mm便器に座ったときに、かかとが少し浮く位の高さとしました。