弓なりの曲線屋根がつくる三日月型の中庭 - 埼玉県狭山市の保育園〈2015-0516〉

埼玉県に風の保育園が、2005年6月に開園しました。設計に1年半、施工に半年の丸2年間の仕事でした。木造1階建ての園舎は、60人定員で面積は600m2ほどありますが、大きな建物を小さく見せることを大切にしました。

弓なりの曲線屋根がつくる三日月型の中庭 - 埼玉県狭山市の保育園 この保育園は畑に囲まれています。隣りには、私が通っていた中学校があります。


弓なりの曲線屋根 - 埼玉県狭山市の保育園

園舎はゆるやかな弧を描きます。園庭は三日月の形をした中庭です。広々とさせるより、子どもたちが安心して遊べる大きさになっています。

弓なりの曲線屋根 - 埼玉県狭山市の保育園

ゆるやかな弧は、縁側のような廊下になっています。「園庭→縁側→保育室」とつながっています。保育室は直接外部につながっていないので、たくさんのトップライトをつくりました。

弓なりの曲線屋根 - 埼玉県狭山市の保育園

縁側の中心は天井が高くなっていて、お昼ごはんを食べるスペースです。この縁側には、職員室と厨房が面しています。子どもたちは厨房までいって、「ごちそうさま!」と言えます。

弓なりの曲線屋根 - 埼玉県狭山市の保育園

何十年も前、私が初めて幼稚園に登園したとき、入学式の間ずっと、私は園庭を見ながら泣き続けていました。そんな子どもの頃の思い出は、いつも窓から見ていたように思えるのはなぜでしょうか。窓から見える風景に想いを巡らせ、園庭の形状を大切に設計しました。

弓なりの曲線屋根 - 埼玉県狭山市の保育園

この保育園の隣りには、私が通っていた中学校があります。中学校を卒業したのは、この保育園が竣工する25年ほど前のことです。テニス部だった私は、当時、ここの畑にボールを探しに来ていたのです。

弓なりの曲線屋根 - 埼玉県狭山市の保育園

Googleマップで見つけました。弓なりの曲線屋根がつくる三日月型の中庭。


このホームページをごらんになった方から、「この保育園に入園したいから、場所を教えてほしい」という連絡をたびたびいただきます。設計者として、とても光栄です。