縁側の窓がやさしく照明していた夕暮れの保育園

夕方、保育園に用事があり、お伺いしました。中庭に並ぶ掃き出し窓が、中庭を照らす照明のようでした。 木造建築のやさしさが一段と感じられます。 夜店が立ち並ぶ神社の境内での夏祭りを思い出したり、夕暮れの公園のようで、なぜかドキドキしたり。

縁側の窓がやさしく照明していた夕暮れの保育園

子どもたちのいるときの中庭です。子どもたちは、園舎に囲まれて安心して遊べます。園舎の園庭に面した部分は長いカーブの縁側となっていて、縁側の奥には先生たちがいるので、見ていてもらえる安心感があります。

2014年6月18日

どこかで見たような既視感を感じました。私の子どものころ、家の前の路地で遊ぶときと、母が立つ台所の出窓の前で遊んでました。また、自転車に乗って出かけると、こんな空き地もありましたっけ。