レンジフードのダクト [ 2006.12.12 ]〈y15_duct〉

Yさんの住まいの流し台は、ステンレス製の アイランドキッチンを計画しています。

アイランドなので、レンジフードの周りには壁がないので、天井からつり下げるセンターフードを取り付けることになります。

大きな吹き抜けのあるLDKの、外壁に面していない家の中心が、キッチンの位置になっているのです。

レンジフードのダクト [ 2006.12.12 ]

2007.01.12

レンジフードのダク

それにしても、悪い条件が重なってしまいました。

  • 外壁から離れているので、ダクトを横引きをしている部分の長さが長くなってしまう
  • レンジフードの周りに壁がないので、けむりがレンジフードに集まりにくい
  • IHコンロなので、ガスのような上昇気流が発生しないので、けむりがレンジフードに集まりにくい

臭いがLDKに残ってしまいそうです。

レンジフードのダク

ダクトの経路は、最短距離になる南側の外壁に向かう方向にしました。

アトリエの床の上に転がして、南側から排気する長さ4.5m程になりました。

床下に隠したかったのですが、梁と干渉してしまい、そのスペースがありませんでした。

レンジフードのダク

ダクトは直径150の鉄ダクトです。ダクトに火が入り込む可能性があるので、ダクトの周りにはロックウール不燃材を巻き込んでおきます。

ダクトの曲がりを少なくして、排気のロスをへらします。

レンジフードのダク

ダクトの周りに、センターフードを取り付けるための、4本のボルトも取り付けました。

一番いい方法を選択したと考えているのですが、あとは祈るしかありません。