赤茶色の日本瓦に合わせた外装メンテナンス

この住まいてさんは15年ほど前に内装のリフォームを依頼いただきました。今年になり、外装のリフォームを再度依頼されました。お住まいは、木造の2階建てで、屋根は赤茶色の日本瓦葺きです。既存の外壁の色は白でしたが、新しく塗装する外壁の色は、既存の屋根に合うように薄い茶色を選びました。

赤茶色の日本瓦に合わせた外装メンテナンス

赤茶色の日本瓦に合わせた外装リフォーム

破風板や庇は木製で、数カ所、痛んでいるところがありました。木工事で痛んだ部分を補修してから、塗装をしました。

赤茶色の日本瓦に合わせた外装リフォーム

外壁の塗り替えには足場が必要になります。足場を掛けるためには、バルコニーの屋根を取り外さなければなりません。既存のバルコニー屋根は、塩化ビニール製でやや劣化していたので、新しいものに取り替えることになりました。屋根の素材は、ブロンズ色のポリカーボネート製のものを選びました。