透明なキャットウォークには、曲線ステップで〈9671〉

2018.04.25

7匹のネコちゃんたちが家族同様に暮らしている、賑やかなお住まいです。広いリビングに隣接する納戸は、ネコちゃんたちの「トイレ」として使われていましたが、楽しく遊べるように、壁の高い位置に、キャットウォークを一回り作りました。小柄な住まいてさんが下から見上げた時に、「どこに誰かいるか」わかるよう、キャットウォークは「透明」にしました。

透明なキャットウォークには、曲線ステップで 納戸は2.2帖の広さ、壁の1面は折れ戸の収納になっています。床は全面タイル貼りで、お掃除がしやすそうでした(2018.05.26)


透明なキャットウォークには、曲線ステップで

通常壁の下地は石こうボードなので、棚などを固定することができません。

そこで既存の壁の全面に合板を貼り、その上にビニールクロスを貼りました。

透明なキャットウォークには、曲線ステップで

内開きドアがぶつからない位置から、幅40cmの曲線ステップを、

壁に取り付けました。3段のステップで上がって行きます。

透明なキャットウォークには、曲線ステップで

4段目となるステップは、S字型の幅110cmの大きなサイズにしました。

S字型の大きなステップから、キャットウォークに跳びのります。

透明なキャットウォークには、曲線ステップで

キャットウォークは板にせず、樹脂板にしました。

樹脂板は、「透明なもの」と「乳白色のもの」を使い分けました。

ステップから跳びのる所は、不安を感じないように、

ネコちゃんたちの見通しが効かない「乳白色」にしました。

透明なキャットウォークには、曲線ステップで

ですが、見通しが効かない「乳白色」でも木製板とは違い、

床から見上げたときには、誰がいるのかはわかるのです。

透明なキャットウォークには、曲線ステップで

キャットウォークは、床から206cmほどの高さで、

納戸をぐるりと、一回りします。

透明なキャットウォークには、曲線ステップで

取り付け工事を終え、私たちが引き上げると、

早速みなさんが登ってくれたとのことでした。

透明なキャットウォークには、曲線ステップで

複数飼いのお住まいでは、キャットウォークの上で、ネコちゃんたちがじゃれ合ってしまい、転落することが危険があります。

なので、デザインを優先するのではなく、住まいてさんとよく打ち合わせをして、『ネコちゃんの性格に合わせる』ことが大切です。


7匹の猫ちゃんとの毎日が楽しい、住まい手さんのブログをご紹介します。

7匹のネコとマイキッチン - 毎日のネコとのふれあい -