壁一面のリビング収納家具 「隠す収納」と「飾る収納」〈9994〉

2016.09.18

マンションのリビングに、大きな壁一面のリビング家具を造りました。リビングには、子どもさんの成長に合わせて、次第にモノが増えていきます。確かにモノは隠した方がすっきりとしますが、大切なモノを飾る楽しさも大切にしました。

壁一面のリビング収納家具 「隠す収納」と「飾る収納」 左右の壁の内側にぴったりと、隙間をなく造りました。家具の背面と側面には、湿気対策のため「エコカラット」を貼りました(2014.09.30)


Image

壁一面のリビング収納家具は、テレビを中心に左右対称にしました。

手前にテーブルがあっても、開け閉めしやすいように、

扉は高さを2分割にした、引き違い扉です。

内部は2段の棚になっており、高さはA4ファイルに合わせた33cmです。

Image

リビングの中心は、やはりテレビです。

テレビ周りの飾り付けで、リビングは楽しくなります。

4段の引出しが2組あり、毎日使う事務用品などを収納します。

大人は「隠したい」、子どもは「飾りたい」の、せめぎあいを解決しました。

Image

この家具の最上段は、子どもさんが自由に飾り付けできる、

オープンな飾り棚です。

大切なモノを飾る、楽しさも大切にしました。

家具と天井の間に余白を残し、「鹿のツノ」を飾りました。

Image

家具に向かって左側は、キッチンにつながるキッチンカウンターです。

このカウンターの下にも、家具を造りました。

「隠す収納」と「飾る収納」を、バランスよく組み合わせた、

リビング収納家具になりました。