シャワー浴できる浴室に、またぎやすい木製浴槽を〈9688〉

この浴室の増築を計画していたとき、住まいてさんから『浴槽をまたぐには、腰に負担がかかってしまうので、浴槽の代わりに、シャワー椅子だけを付けて欲しい』と、依頼されました。ですが私は、こう考えました。「この住まいてさんは、将来もしかすると、湯船につかりたくなるかもしれない。小さくても浴槽が置けるスペースを確保しておこう... 」。そして数年後、『寒いときはやはり湯船につかりたい』ということで、木製浴槽を置くことになりました。かくして私の予想は、現実のものとなりました。

シャワー浴できる浴室に、またぎやすい木製浴槽を

以前リフォームした浴室を、もう一工夫したいとのことでした。バリアフリーリフォームでは常に「次の一手」を考えています( 2018.04.28)


シャワー浴できる浴室に、またぎやすい木製浴槽を『後から』設置

浴室の増築の際に、壁を背にして座る『シャワー椅子』を取り付けました。

使わない時は、折りたためます。ハンドシャワーが付いているのですが、

もうひとつ、ハンドシャワーを壁に取り付けました。介助者が利用します。

シャワー浴できる浴室に、またぎやすい木製浴槽を『後から』設置

『水回りこそ暖かくしたい』とのことでした。

天井には、ガス温水循環式の暖房機、床のタイルの下にも、

同様の床暖房を入れてあります。床暖房の下には断熱材を入れました。

シャワー浴できる浴室に、またぎやすい木製浴槽を『後から』設置

そして、数年後、『寒いときはやはり湯船につかりたい』ということで、

この木製浴槽を置くことになりました。材質は小節ありの高野槇(まき)、

内寸は55cm x 110cm、深さは35cm、タイル面からのまたぎ高さ40cm。

シャワー浴できる浴室に、またぎやすい木製浴槽を『後から』設置

またぎ高さ「40cm」が、住まいてさんがまたげる、最大限の高さでした。

浴槽は「35cm」と浅くなってしまい、半身浴しかできませんが、

この『またぎやすさ』を最優先したのです。さらに安全にまたげるように、

壁には浴槽を囲うように、手すりを取り付けました。浴槽には専用の水栓はなく、お湯を張るときは、2ヵ所のハンドシャワーから入れます。

シャワー浴できる浴室に、またぎやすい木製浴槽を『後から』設置

この浴室工事を進めていく中で、私にとって「大きな学び」がありました。

今まで、高齢の住まいてさんとの打ち合わせで、色の選定をする時は、

ほとんどが『大瀧さんに任せますよ』ということが多かったのですが、

それが『間違っていた』ということでした。

浴室の天井はホワイトが一般的ですが、その天井を貼り終えたとき、

住まいてさんから、『水回りは暖色にしたかった... 』と言われたのです。

私はもっともだと思ったのですが、ピンク色の浴室天井材はなく、

ピンク色に塗装しました。壁一面に貼ることになっていたタイルも同様で、

淡いピンク色のタイルにして、タイル目地を濃いピンク色に変更しました。

シャワー浴できる浴室に、またぎやすい木製浴槽を『後から』設置

私はもっと早く、住まいてさんが「ピンク色」が好きだということを、

気がつくチャンスがあったのでした。それは、住まいてさんから、

『どこでもいいから取り付けて欲しい』と、照明器具をわたされた時です。

ショールームで一目惚れしたという、この『ピンク色』の照明器具です。

この住まいてさんの仕事以降、私は住まいてさんの年齢に関わらず、

色の選定も時間をかけて、打ち合わせさせてもらうようになりました。

シャワー浴できる浴室に、またぎやすい木製浴槽を『後から』設置

もうひとつ、付け加えたいことがあります。それは誰にでも、

「思い出したくないこと」があるのでは、ということです。

住まいてさんが、ホワイトのタイルを嫌った理由は、

真っ白なタイルを見るとね、手術室を思い出してしまう、

とのことでした。