マンションのユニットバス、最低限のバリアフリーリフォーム〈9748〉

住まいてさんは20代の男性で脊椎損傷の、車いすユーザーです。購入したばかりのマンションを、バリアフリーリフォームしてから引っ越すことになりました。浴室は「1416タイプ」のユニットバスでゆったりとしており、最低限のバリアフリーリフォームをしました。

マンションのユニットバス、最低限のバリアフリーリフォーム 白く風呂ふたのように見えますが、風呂ふたではないのです。座ることができるバスボード(座ることのできる樹脂製の板)なのです(2018.02.27)


マンションのユニットバス、最低限のバリアフリーリフォーム

車いすユーザーの住まいてさんが、入浴する手順は、

まずは車いすから、洗面室の床に腰を下ろします。

そして、座った状態のまま両足を伸ばし、浴室へと入っていくのですが、

既存の浴室ドアは片開きドアでしたので、開閉のためのスペースが大きく、

浴室へ入った後、浴室ドアを閉めるのが困難でした。

マンションのユニットバス、最低限のバリアフリーリフォーム

通常、ユニットバスのドアは、交換できるものではありませんが、

ユニットバスメーカーが特別に対応してくれ、ドアを交換できました。

『引き戸にはできない』とのこと、一般的な『折れ戸』にしました。

マンションのユニットバス、最低限のバリアフリーリフォーム

折れ戸には、「段差あり」のものと「段差なし」のものがありますが、

リフォームで対応できるのは、「段差あり」のものだけでした。

1cm程の気になる段差ができましたが、住まいてさんの方で、

バスマットを敷くなどの、対応してもらうことになりました。


『どうにかして、浴槽に入れないのか』との、ご依頼でした。そこで、

浴槽の上に、バスボード(座ることのできる樹脂製の板)を置きました。

マンションのユニットバス、最低限のバリアフリーリフォーム

バスボードは、たくさんの既製品があるのですが、

このお住まいの浴槽の形状は、半円状の特殊でしたので、

既製品のバスボードが使えず、特注製作をしました。

幅は浴槽のカーブの形状に合わせ、

たっぷりと座れるように、奥行きは40cmにしました。


問題は、浴室の洗い場からバスボードへ、どうやって上がるかでした。

マンションのユニットバス、最低限のバリアフリーリフォーム

住まいてさんと、シミュレーションしたところ、

「L字型の手すり」を壁に取り付ければ、上がれることがわかりました。

そのため、このL字型の手すりの「縦の部分」は、

一般的な取り付け方とは、左右反対となっているのです。

実はこのように、手すりの「縦の部分」は奥が深いのです。

ですが、この方法で、どの方もうまくいくとは限りません。

車いすユーザーの住まいてさんは、「20代の男性」で腕力があり、

だからこそできた、入浴方法なのです。

マンションのユニットバス、最低限のバリアフリーリフォーム

バスボードに座った姿勢です。L字型の横部分は低めにしてあります。

マンションのユニットバス、最低限のバリアフリーリフォーム

バスボードから浴槽に入った姿勢です。

バスボードがこれ以上大きいと、浴槽に入りにくくなってしまいます。

マンションのユニットバス、最低限のバリアフリーリフォーム

風呂ふたを閉めると、こんな様子です。右側の1枚がバスボードなのです。