段差リフトとデッキで、リビングの掃き出し窓を、もうひとつの玄関に〈9782〉

このお住まいは道路から1m程の高低差があり、道路面から1階床面までの高低差は「135cm」。道路から玄関ポーチまでは、数段の階段があり、スペースも充分にないため、車いすでの玄関からの出入りは難しそうでした。そこで、庭の一部にリフトを設置し、屋根のあるデッキを造り、リビングの掃き出し窓を、もうひとつの玄関にすることになりました。

段差リフトとデッキで、リビングの掃き出し窓を、もうひとつの玄関に

この段差リフト・デッキ工事と同時に、建物の外壁を「白」に塗り替えました。デッキ屋根のアルミ部材は、アルミサッシに合わせ「黒」を選び、外観は「白」と「黒」の2色にまとめました(2018.01.24)


段差リフトとデッキで、リビングの掃き出し窓を、もうひとつの玄関に

坂道に面している敷地なので、道路と1m程の高低差がありました。

玄関ポーチの階段に、「階段昇降機を設置」する方法もありますが、

車いすで昇降しやすい、「段差リフト」を設置することになりました。

段差リフトとデッキで、リビングの掃き出し窓を、もうひとつの玄関に

段差リフトは、「125cm」の高さをゆっくりと上昇します。

ステンレス製の外部用のリフトなので、屋根は無くても構わないのですが、

段差リフトの上部には、明るいアルミ屋根を掛けました。

段差リフトとデッキで、リビングの掃き出し窓を、もうひとつの玄関に

雨の日に車から乗り降りする際に、ここで「雨宿り」ができるので、

ゆっくりと安全に、車をカーポートに駐車させることができます。

段差リフトとデッキで、リビングの掃き出し窓を、もうひとつの玄関に

明るいアルミ屋根はリフトの上だけでなく、デッキの奥まで続いています。

ここから見上げると、「白」と「黒」の2色にまとめた外観がいいですね。

段差リフトとデッキで、リビングの掃き出し窓を、もうひとつの玄関に

この段差リフトは、「油圧」によって昇降します。

段差リフトから2m離れたデッキ下に、「油圧ユニット」を設置しました。

油圧ユニットと段差リフトは、「油圧ホース」で接続され、

ホース内の作動油が、油圧ユニットからの圧力を、段差リフトに伝えます。

段差リフトとデッキで、リビングの掃き出し窓を、もうひとつの玄関に

段差リフトの大きさは、昇降できる高さに比例し、大きくなっていきます。

このお住まいでは、昇降高さが「125cm」の段差リフトを選びました。

道路面からリビング床面まで「135cm」の高さがあるので、

掃き出し窓の前には、10cmの段差が残ってしまいました。

デッキにある黄色のテープは、そのスロープを検討するために貼りました。

段差リフトとデッキで、リビングの掃き出し窓を、もうひとつの玄関に

リビングの掃き出し窓も、3枚引き戸に取り替えました。

3枚引き戸は広い開口幅が得られ、車いすで行き来しやすくなります。

『おかえりなさい』と、こんな感じにお迎えします。