屋根裏の断熱吹付け工事の後に、天井下地を組む〈9788〉

『はしごで3階に上がると雪国であった。』外壁同様に、屋根裏側にも断熱吹き付け工事をしました。まさに雪国のように室内は『真っ白』です。今は1月、外気の寒さを断熱してくれているようです。その違いが体感できるのほど、室内は暖かくなりました。ここで暮らし始める住まいてさんの前に、工事現場での私たちが、その断熱の恩恵を受けることになりました。

屋根裏の断熱吹付け工事の後に、天井下地を組む

同様の断熱吹付け工事を、昨年夏にも行いました。小屋裏工事で上がった際に、その涼しさを体感しました。夏季の工事でも工事現場での私たちは、その恩恵を受けました(2018.01.18)


木造の戸建て住宅では、天井下地組みの上に載せるように、

グラスウールを敷き詰める工法が、今でも主流です。

しかしその工法では、屋根からの熱が小屋裏に蓄熱してしまいます。

夏季の工事の際には、小屋裏に上がった瞬間に汗が吹き出すほどです。

屋根裏の断熱吹付け工事の後に、天井下地を組む

対して『断熱吹付け工事』は、屋根からの熱を大きく遮ります。

その秘密が、屋根に見える『ダンボール』なのです。

屋根裏の断熱吹付け工事の後に、天井下地を組む この『ダンボール』の役割は、野地板(屋根下地の合板)の裏面から、

吹付け断熱までの、通気層を確保するためのものです。

通気層は軒裏に繋がっていて、熱くなった空気が建物外に排出されます。


また、寄棟の屋根の場合、45度にカットした野地板を組み合わせるので、

隙間が開きやすくなりますが、その隙間を塞いでくれるので、

気密性も高くなるので、冬季では、冷たい外気が入りにくくなります。

屋根裏の断熱吹付け工事の後に、天井下地を組む

屋根裏の利用しない空間まで、冷暖房するのは持ったいないことです。

このお住まいでは、その屋根裏の体積をできるだけ削りました。

屋根形状を決定していく際は、外観だけを優先しないようにしています。

屋根裏の断熱吹付け工事の後に、天井下地を組む

このお住まいは、3階にルーフバルコニーがあります。

そのルーフバルコニー直下となる、2階のLDKの天井の一部にも、

屋根裏同様の、断熱吹付け工事をしました。

屋根裏の断熱吹付け工事の後に、天井下地を組む

断熱吹付け工事昨年末に終え、天井下地組み工事が仕事始めとなりました。

屋根裏の断熱吹付け工事の後に、天井下地を組む

この後工事は、天井下地工事、電気配線工事へと進んでいき、

天井を石こうボードを貼ると、さらに部屋らしくなってきます。


年末も12月29日、仕事納めとなったのは、この『断熱吹付け工事』でした。柱と柱の間、住宅の躯体に直接吹付けて発泡させる、吹付け断熱工法は気密性も高く、工事の翌日から、その違いが体感できるので、秋から冬...


2017年10月から、工事が始まりました。県道と市道の角地に建つ、3階建ての住宅です。街角に建つ建物は、その街並みに対して「責任」を持ちます。車も人もたくさん通ります。狭くるしさを与えないように、交差...