窓と繋がるダイニングテーブルに、家族の思い出がある〈9795〉

もし、『住宅には、窓をひとつしかつくれない』というのであれば、私はそのひとつの窓を、ダイニングテーブルの脇につくるでしょう。今日はもう、1月11日。お正月なんて、ずいぶんと昔のことのようですが、家族の毎年毎年の思い出は、この「窓と繋がるダイニングテーブル」に、あるような気がするので、私は「定点観測」しています。

窓と繋がるダイニングテーブルに、家族の思い出がある 2006年に撮影した、窓から朝日が差し込むダイニングテーブル。こんな、ささやかな気持ち良さが、最近の住まいでは、切り捨てられている感じがするのです(2018.01.11)


我が家のダイニングは、東側の道路に面した、北東の小さなスペースです。

引越しからひと段落した、2006年に撮影したダイニングと出窓です。

窓と繋がるダイニングテーブルに、家族の思い出がある

「4帖しかないダイニング」の天井高は、215cmと低くしました。

「スキップフロア」ならぬ、「スキップ天井」ですね。

天井の高さを、低くしたにもかかわらず、狭く感じさせないのは、

窓から朝日が差し込む、この出窓のおかげでもあります。


2006年から、時間を進めてみましょうか。2011年3月16日の夕方です。

2011年3月16日、第2グループの我が家は、18時20分からの停電です。

まるで我が家だけが取り残されたような、ろうそくを灯しての夕食でした。

窓と繋がるダイニングテーブルに、家族の思い出がある

東日本大震災から数日後、関東地方では一日に3時間ほど、

計画的に停電させることになりました。この「計画停電」は、

関東地方を5グループに分け、計画的に順番に停電させていくものでした。

出窓には常に、携帯電話とラジオを置きました。

震源地から遠く離れたこの地でさえ、心配な日々が続きましたが、

どんな時でも、どこかとつながり、我が家だけではないのだと、

思わせてくれる優しさを、この出窓が持っているように感じました。


2011年から、時間を進めてみましょうか。2015年12月24日の夕方です。

我が家でのクリスマスです。

窓と繋がるダイニングテーブルに、家族の思い出がある

天井が低いので、娘でも天井に手が届いたようです。


2015年から、時間を進めてみましょうか。2017年1月1日、元旦です。

窓と繋がるダイニングテーブルに、家族の思い出がある

前年に出窓のブラインドを取り外して、ガラスにかすみフィルムを張りました。

窓と繋がるダイニングテーブルに、家族の思い出がある

2017年元旦、テーブルにお節料理が並びました。

左が私の椅子、手前が娘、右が家内の定位置です。


そして、2018年1月1日の元旦です。

窓と繋がるダイニングテーブルに、家族の思い出がある

慌ただしく実感のない年末でしたが、元旦はやはり元旦ですね。

2018年の元旦もまた、テーブルにお節料理が並びました。

今年も1年、楽しく過ごせますように。

今年はどんな思い出を、「観測」できるのでしょうか。