一口コンロを埋め込んだ、キャスター付きテーブル〈9796〉

他の場所に物を運びたいとき、車いすでは膝の上に物を載せて、移動することになりますが、調理の際「お鍋」など熱いものは、膝に載せることができないので、運ぶのが大変になってしまいます。そこで、逆転の発想を思いつきました。テーブルの上で調理をするようにしました。

一口コンロを埋め込んだ、キャスター付きテーブル

このテーブルは多目的に利用できることを考えました。ノートパソコンが使いように、一回り小さいテーブルも造りました。ソファーは、来客のベッドにもなります(2018.01.10)


一口コンロを埋め込んだ、キャスター付きテーブル

「お鍋」は熱いだけでなく、重たいものです。

膝の上にでも、こぼしてしまったら大変です。

このお住まいでは「お鍋」など熱いものを、テーブルに運ぶのではなく、

まず、空のお鍋をテーブルに載せ、そこで調理するようにしました。

テーブルに「IHコンロ」を埋め込みました。

一口コンロを埋め込んだ、キャスター付きテーブル

例えば、お鍋をしたいときは、このIHコンロに空のお鍋を載せ、

野菜を入れ、やかんで水を入れます。そして、コンロで加熱するのです。

木製のテーブルなので、お鍋の底に残る熱が心配です。

IHコンロの脇には、数枚のタイルをはめ込み、

熱いお鍋を置ける「鍋敷き」にしました。

一口コンロを埋め込んだ、キャスター付きテーブル

テーブルの脚にはキャスターを取り付け、移動しやすくなりました。

ノートパソコンが使いように、一回り小さいテーブルも造りました。

入れ子の大きさになっているので、使わないときは、

テーブルの下に重ねてしまうができます。

たまに訪れる泊まり客のために、ソファーはベッドにもなります。

マンションの限られたスペースを、フレキシブルに利用できます。