「余白」とは、あるものとあるものの「間合い」〈9830〉

2017.12.07

外構工事を終え、外観撮影をしたいと思っていた矢先、12月6日は、この日を逃せば後悔する程の青空でした。急遽、午後からの予定を変更し、この「黒衣の2階建て」に向かいました。到着すると、私は「ハッ」としたのです。そして、呟きました。「なるほど、これがしたかったのか... 」。

「余白」とは、あるものとあるものの「間合い」 黒衣(くろご)とは、『歌舞伎(かぶき)で、役者の後見役。また、後見役が着る黒い装束』。黒衣のように、屋根も外壁も真っ黒な外観になります(2017.12.06)


Image

『住まいてさんの求めることを、いかにこの敷地に建てるか』から、

1棟の住まいの設計は始まります。たくさんの図面を書くのも、

模型まで制作するのも、そのことを追求したいからです。


スタート時点では、私は自覚を持って、意識的に進めていきます。

ですが工事が進むにつれ、建物自身が命を持ち始め、

建物自身が建物自身を、創り出していくように感じてくるのです。

Image

そうなると私は、その後をついていくだけになり、

「この建物がどう竣工するのか」が、わからなくなるのです。

「なるほど、これがしたかったのか... 」の、省略されている主語は、

『私』ではなく、『建物』なのです。

Image

建物は『いかに余白をつくりだす』かを、追求していたのでした。

この建物の外部、内部、それらの細部の納まりに至るまでも。

Image

「余白」とは、『あるもの』と『あるもの』の「間合い」です。

『実際に描かれているもの』と、『心の中に描かれているもの』の、

「間合い」として、存在しているのです。

Image

余白には、見る者の心象が描きだされる。

禅画や俳画には、「余白」があるからこそ面白いのである。

『数寄屋の美学』出江寛

Image

何も書いていない「セヌトコロ」が、

実際に描かれているものと、

心の中に描かれているものとの

「間合い」として存在しているのである

『数寄屋の美学』出江寛

Image

『実際に描かれているもの』とは、

建物です。実体としての、この建物です。

Image

対して、『心の中に描かれているもの』とは、

住まいてさんだけにとどまらず、ここを訪れる人たち、

ただ前を通りすぎる人たち、そして工事に携わった私たち、

あらゆる人の心の中に、描かれているものです。

Image

「余白」によって、建物と私たちは、繋がり合うことができるです。

建物のほんとうの価値は、「余白」にこそ、あるのかもしれません。

私はようやく、この場に及んで、そのことに気づいたのでした。