シンプルな「ホワイト」にこだわった、バリアフリーキッチン〈9832〉

2017.12.05

デッキへとつながるLDKの、南側のアルコーブ(壁面の一部をくぼませてつくった空間)は、勾配天井は高く、明るく気持ちのいい空間です。そんな1等席に、バリアフリーキッチンを造りました。LDK全体のインテリアに合わせた、シンプルな「ホワイト」にこだわったキッチンです。

シンプルな「ホワイト」にこだわった、バリアフリーキッチン 静かな住宅地に建てた、平屋のバリアフリー住宅です。住まいてさんと間取りを決めていく中で、最後まで決まらなかったのが、キッチンの位置でした。流し台の幅は240cm、右脇の引き出しの幅は48cm(2017.08.12)


Image

フランク・ロイド・ライト』の設計した、住宅の平面図を見てみると、

ワンルームになっているLDKの、キッチンスペースには、

「kitchen」とではなく、「workspace」と、書かれています。

『台所は居間と同じように、居心地よく見えて美しいところ』という、

キッチンに対する、ライトの設計思想が読み取れます。

「そこで調理する人も、輝いて美しく見えるように」とも、読み取れます。

Image

キッチンに向かったとき、正面に何が見えるかで、

そのキッチンの印象が決まります。

正面には、縦長のフィックス窓。道路の様子がわかります。

この窓から見える、空模様を確認しながら、

今日のスケジュールを、確認することもできそうですね。

Image

流し台の高さは、床から81cm。シンクの深さは19cmです。

流し台下部の開口高さは、62cm確保したので、

車いすで入ったときに、膝がぶつかりません。

Image

吊り戸棚は、クリナップの既製品「ハンドムーブ」です。

ハンドルを引き下げ、収納庫を目の前の高さに、手動で降ろします。

食器や調理器具、調味料などを、普段は隠しておけます。

Image

シンクとコンロの隙間は11cm、ぴったりと並べました。

住まいてさんは、以前のお住まいのキッチンでも、

シンクとコンロを、ぴったりと並べていたそうです。

調理の使い勝手が、変わらないようにしました。

Image

右端には、4段の引き出し(40cm幅)です。

引き出しの天板は木製にし、ステンレス面より高くして、

また、幅木を無くして、4段分の高さを確保しました。

Image

その引き出しの脇は、スパイスラック(15cm幅)です。

Image

薄型の排水トラップです。

トラップや排水管は、できるだけ奥に引っ込め、

車いすで、つま先があたりにくいようにしました。

Image

キッチンの背面にある食器棚は、何やら複雑な形です。

食器棚としての収納量を最低限に抑え、食器棚の周りを、

観葉植物を置くなど、楽しく飾りたいとのこと。楽しみです。

そんなキッチンスペースを、高窓から朝日が差し込むのです。

Image

台所は『ワークスペース』と呼ばれ、居間と同一にみなされている。

もちろん、このワークスペースは、

居間のアルコーブ(壁面の一部をくぼませてつくった空間)となるのだが、

空気の入れ替えをよくし、広々とした感じを出すため、この部分は高くする。

ライトの住宅―自然・人間・建築』フランク・ロイド・ライト

Image

台所は居間と同じように、居心地よく見えて美しいところでなくてはならない。

むしろ、居間以上になるべきだろう。

ライトの住宅―自然・人間・建築』フランク・ロイド・ライト


LDKには、このバリアフリーキッチンや食器棚以外にも、

たくさんの家具が置かれます。 その家具などの色は、

「ホワイト」と「ブラウン」の2色にまとめて、

一体感のある空間になるようにしました。