ときがわの杉・伐採見学会「彩の森とき川」〈9833〉

2017.12.04

埼玉県ときがわ町は、ときがわ杉の産地として有名です。「協同組合 彩の森とき川」さんが毎年11月に開催している、伐採見学会に参加させてもらいました。見学者の中には、この杉を使って住まいを建てる家族さんたちも。今日は、3本の杉を伐採するそうです。

ときがわの杉・伐採見学会「彩の森とき川」 左:手前の切り込みをした後、裏側にも切り込みを入れます。右:無事に予定して場所に倒せました(2017.11.26)


私は今まで、大きな誤解をしていました。

伐採見学会が行われる、この山の杉は人工林です。

たくさんの杉を植林するために、豊かな森を破壊してしまったのだと、

考えていました。ですが、それは間違いだったのです。

Image

戦中、天然木のほとんどは伐採され、山々は丸はだかになりました。

燃料にするために、天然の樹木を伐採してしまったそうです。

そして戦後、荒廃してしまった山には、復興に役立つよう、

たくさん植えられたのが、杉だったそうです。

Image

杉がたくさん植えられたのは、生長が早く、まっすぐに育ちやすいので、

木造住宅の柱や色々な材料として、使いやすいからです。

その戦後に植林された杉が、伐採に適した時期になったそうです。

Image

さて1本目は、中心に見える真っ直ぐと立つ杉です。

伐採する杉の選定は、太さだけではありません。

1本1本の杉はよく見ると、わずかに曲がっているそうですが、

なるほど、この杉は、他の杉と比べると、本当に真っ直ぐです。

この杉は、長さ6mの大黒柱として、生まれ変わるそうです。

Image

さて、伐採の準備が整いました。伐採はとても危険な作業です。

男性の上に、ピンと張られているワイヤーが、わかりますか?

このワイヤーで、あらかじめ決めた目的の位置に誘導するそうです。

Image

使う道具は、このチェーンソーのみ。

Image

まずは、倒す側に切り込みをいれます。一度で切り込むのではなく、

少しずつ、少しずつ、切り込みを大きくしていきます。

その都度、何回も何回も、倒す位置を確認しながら。

Image

この切り込みを、「腰掛け」というそうです。

なるほど。

Image

倒す側の切り込みは、ここまでだそうです。

中心にまでは、達していませんが、

ここまで切り込んでも、倒れないものですね。

Image

見学者のみなさんは、安全な高台に避難してとのこと。

さて、倒す側の反対側に、切り込みを入れ始めます!

緊張の一瞬を、動画で撮影しました。「再生ボタン」を押してください。

Image

無事に、予定していた場所に倒すことができました。

Image

切り株の年輪を見てみます。

赤と白の2色、はっきりしているが、杉の特徴です。

丸太の芯の部分を「赤身(あかみ)」、

外側の部分を「白太(しらた)」というそうです。


左側から上側に掛けて、年輪の幅は広くなっている一方、

右側から下側に掛けて、年輪の幅は狭くなっていますね。

日の当たる側は成長が早くなり、年輪の幅は広くなるそうです。

Image

この杉の、森での「生」は終わりましたが、

埼玉県のどこかのお住まいで、

第2の「生」がスタートします。

大黒柱として、お住まいを優しく支えてくれるはずです。

協同組合 彩の森とき川」さん、お世話になりました。

ありがとうございました。きのこ汁も美味しかったです!


私の祖父も、戦前、山形で山の仕事をしていたそうです。

ですが、その仕事、途中で絶たれてしまいました... 。