高齢者の「掃除機」選びは、『軽さ』を優先〈9838〉

2017.11.29

今日、現役の一級建築士は、何十万人も活躍しているのでしょうが、このようなご依頼を頂くのは、その中でも「私ぐらいなのでは」と自負しております。今日のご依頼は、『駅前の家電量販店で、高齢者に使いやすい掃除機を買ってきてほしい』とのこと。困りました... 。私は、家電選びが嫌いではないからです。

高齢者の「掃除機」選びは、『軽さ』を優先 『ん? この畳、幅が少し広くない?』と、お気づきのあなた。鋭い! 毎日、オオタキラジオをお聞きになっている、ヘビーリスナーさんですね!(2017.11.28)


高齢者の住まいづくりで、大切にしていることがあります。

それは、『長年続けてきた、使い勝手を変えない』ことです。

「家電製品も同じなのでは... 」と考えながら、

長いお付き合いの、住まいてさんのお宅にお伺いしました。

Image

『長年使ってきた掃除機が、壊れてしまった』そうです。

「紙パック式」「サイクロン式」「スティック型」

掃除機に限らず家電製品は、毎年毎年、新製品が出てきます。


『体の調子がよくないときも、掃除機はかけたい』

『今まで使っていた掃除機みたいな、軽いものがいい』

このポイントを、第1優先とすることになりました。

Image

駅前の家電量販店に到着すると、掃除機売り場を目指しました。

掃除機売り場で、私を出迎えてくれたのは、三菱電機の方でした。

私は尋ねました。

「とにかく、一番軽い掃除機を選びたいのですが... 」


ここで、私は感動することになります。

三菱電機の方は、『これですね』と、

他社製品の前に、私を連れて行ったのです!


なるほど、その掃除機は「2.0kg(本体)」と軽いものでしたが、

値段を確認すると、その掃除機は予算以上でした。

「この掃除機は諦めます。二番目に軽い掃除機を教えてください」

Image

三菱電機『MITSUBISHI Be-K(ビケイ) TC-GXG8P-P』です。

この掃除機の、本体の重さは「2.1kg」、ホースの重さは「1.3kg」。

この掃除機のように「紙パック式掃除機」の方が、軽いそうです。

今流行りの「紙パック」の不要の、「水洗いできるサイクロン式」は、

仕組みが複雑になるので「0.5kg」ほど、重たくなってしまうとのこと。

Image

スイッチも、シンプルで使いやすそうです。

「この『ブラシ』というボタンは、何ですか?」

Image

『自走パワーブラシ』というそうです。実際に使ってみました。

このブラシが回転するので、子犬の散歩をしているように、

ブラシが、前に前にと進んでいくのです。とはいえ、

高齢の住まいてさんが、転倒するような勢いではありません。

Image

「この掃除機にします。予備の紙パックもお願いします」

三菱電機の方も、ひと安心だったことでしょう。

Image

色は、この「シルキーピンク」しかありませんでしたが、いい感じです。

Image

掃除機売り場で、三菱電機の方から教わったことを、

まるで、自分の手柄にように、住まいてさんに説明しました。

Image

この掃除機は「コードレス」ではないので、使うときには、

掃除機のコードを、壁のコンセントにささなくてはなりません。

掃除を掛けるたびに、何回もコンセントを抜き差しするので、

コンセントの位置は、高めにした方がいいのかもしれません。

最近は、床から「40cmから60cm」の位置に取り付けています。