家内を連れて来たかった『食堂cafe COUCOU』〈9841〉

2017.11.26

なぜでしょう。どうしても、結婚記念日が覚えられないのです。2017年11月4日、15回目の結婚記念日に気づいたのは、またしても数日後でした。そんな私は、ひらめきました。初めて来店した瞬間、「次は家内を連れて来よう...」と思っていた、埼玉県坂戸市の『食堂cafe COUCOU』に、家内を誘ってみたのです。

家内を連れて来たかった『食堂cafe COUCOU』 「濃厚チョコマフィンのプレート 」をいただきました。生クリームがたっぷりの、濃厚チョコマフィンです。お隣りのテーブルのランチプレートも美味しそうです(2017.11.19)


Image

というのも、家内は、「インテリア好き」「甘いもの大好き」なので。

フランス語で「ambiance(アンビアンス)」という単語があるそうです。

雰囲気とかムード、と言う意味です。言葉では表現しにくい、

街や空間の雰囲気を、表現するときに便利な言葉です。

Image

われわれ建築家は、いわゆる〈まち〉の雰囲気をあらわすのに、よくこの表現を使う。

アンビアンスは、人びとがある一定の領域の中に、おたがいに類似した情熱をもち合った時に発生する。

『記憶の形象―都市と建築との間で』槇 文彦

Image

とても居心地の良いお店です。私がそう感じるのは、

『座る場所が、ちゃんとある』からなのです。

大きなセンターテーブルに、でんと座るもよし。

Image

大きな窓に面した、入り口に近いカウンター席で、

ぼんやりと、外の景色を眺めるもよし。

Image

私たちは無言で、入り口からもっとも離れた、対角の位置にある、

この、小さなテーブルを目指しました。

これが「15年の月日」というやつですね。さすがです。

Image

訪問者のみなさまは、独身者、既婚者のどちらなのでしょうか。

既婚者の方に聞いてみたいのが、プロポーズの言葉です。

ちなみに私は、「あなたの家を造らせてください」

みたいなことを言ってしまい、

家内を「ドン引き」させてしまった経験を持ちます... 。

Image

果たして、その約束(かなり縮小されたにせよ)が、

達成できたのか、達成できなかったのか... 。

その判断は、訪問者のみなさまに、お任せいたします(家内にではなく)。


私の住まいは埼玉県の西部、狭山市にあります。新宿まで電車で50分程の所です。七夕祭りで有名な、入間川の北岸に拡がる、分譲地の中にあります。建築家らしくない家だねと、ご近所さんから言われている家ですが、...


これからも毎年、結婚記念日には『COUCOU』に来ることにします。

Image

「かわいくて安心なお料理」をテーマに

化学調味料を使わず

地元の無農薬野菜主体の

ココロとカラダに優しい手づくりメニューを

心がけています。

食堂カフェ COUCOU / 埼玉県坂戸市のカフェ

Image

世の中が、ちょっとずつ良くなることが

COUCOUの願いです。

食堂カフェ COUCOU / 埼玉県坂戸市のカフェ