上棟工事の「影なる主役」たち〈9845〉

2017.11.22

県道に面した敷地なので、車や人の行き来が多く、いつもよりも一層、安全に配慮した上棟工事になります。材料を何十回も引き上げる、レッカー車が到着しました。ここは通学路にもなっているので、子どもさんたちが登校し終えてから、工事が始まります。

上棟工事の「影なる主役」たち 工事の段取りは、まず天候確認から。天気予報通り、雨も降らず、風も吹かず、最高な上棟日和になりました。3階建ての建物の場合、材料を高く引き上げるので、大型「13トン」のレッカー車です(2017.11.21)


Image

住まいてさんと私とで打設した、コンクリート打放しの塀です。

思いの他、綺麗な仕上がりにびっくり。このような初心者の成功を、

「ビギナーズ・ラック」というそうです。

Image

しかし、コンクリート打放しの塀の「影なる主役」、

もっとも大切な役割を果たしたのが、この型枠でした。

「型枠工事」があってこその、コンクリートなのです。

Image

今日の上棟工事の「影なる主役」は、レッカーのオペさんとともに、

建物の周りをぐるりと一回りする、高さ10mの仮設足場なのです。

この仮設足場で、無事に工事を進めることができるのです。

Image

このお住まいも、一般的な「木造在来工法」ではなく、

柱や梁の接合部分に、金物を用いた「金物接続工法」です。

Image

梁の端部には、金物が入るスリットが2本あります。

梁の側面には、その金物を固定する穴が数カ所ありますが、

柱と梁の接続後に、この穴に金属製のピンを打ち込み、固定するのです。

Image

柱側にも、たくさんの金物が入っています。

3階建てなので、通常よりも、たくさんの金物が必要になりました。

あらかじめ、工場で加工製作されているので、

品質、寸法ともに、高精度な構造材です。

Image

とはいえ最後の工程は、「手仕事」に委ねられます。

ひとりひとりの職人の心配りが、建物の精度を決めるのです。

上棟工事の前、ゆっくりとミーティングを兼ねた休憩は、

いわば、今日1日の安全を願う「儀式」のようです。

Image

昨日、1階を立ち上げておいたので、今日は2階からスタートです。

木造住宅では、通し柱(その階と上の階とをつなぐ長い柱)が大切です。

3階建ての住宅では、「1階から2階」、「2階から3階」へと、

通し柱が混在してきますが、それぞれの最適な配置を考えました。

Image

3階が立ち上がりました。2階より、一回り小さくなっています。

右側は大きな、ルーフバルコニーになっています。

ここから、どんな景色が見えるのか、とても楽しみなのです。

Image

垂木(たるき)という、等間隔に並んだ角材の上に、

屋根下地となる合板を、敷き並べれば、今日のこの上棟工事は完了です。

Image

雨も降らず、風も吹かず、無事に全行程を完了しました。


また、この敷地は交差点の角なので、たくさんの電線があります。

もし、レッカー車で材料を引き上げる際に、

電線を切断するようなことがあったら、「一大事」です。


そのレッカー車を、お隣りさんの敷地に、セットさせていだだき、

安全に材料を何十回も、引き上げることができました。

お隣りさんのご厚意にも、本当に感謝しております。

ここにも、「影なる主役」がいらっしゃいました。