階段を「1階と2階とを繋げる段差」としてデザインする〈9854〉

2017.11.13

私の場合、車いす対応のバリアフリー住宅が仕事の中心になってます。だからなのか、「階段」そのものを、住宅の空間デザインの主役にすることはありません。このお住まいでは「階段」を脇に追いやりながらも、「1階と2階とを繋げる段差」として、デザインすることを思い付きました。

階段を「1階と2階とを繋げる段差」としてデザインする このお住まいでは、タイルカーペット貼りの階段です。1階の床、2階の床と同じです(2017.11.07)


このお住まいでは、無駄な所を極力なくし、床面積を切り詰めました。

玄関土間(タイル)は、最低限の広さしかありません。

Image

狭さを感じさせなくするために、上がり框の段差を12cmと低くします。

玄関床(タイルカーペットり)は、1m角しかないのですが、

玄関土間(タイル)と、玄関床(タイルカーペット)を一体にできます。

Image

1m角しかない玄関床を、広く感じさせるために、玄関床と階段を同じ、

タイルカーペット貼りにすることが、役立っているようです。

Image

蹴込み(けこみ・階段の垂直面)は、集成材にしクリア塗装、

踏み面(ふみづら・階段の水平面)は、タイルカーペット貼りです。

一般的な階段の幅は 76cm程ですが、手すりが壁に付くこともあり、

狭く感じてしまいます。このお住まいの階段の幅は 83cmです。

7cm広くしただけでも、ずいぶんと広く感じるものです。

Image

階段は住宅の中で、浴室と並び、事故が多い場所です。

階段には、安全にするための工夫が求められます。まずは階段の寸法です。

踏み面(ふみづら・階段の水平面)は、25cmと広くとり、

蹴込み(けこみ・階段の垂直面)は、19cmと低くしました。

Image

一般的な階段は、段鼻が3cm程出っ張っています。

階段を昇る時の転倒は、つま先やスリッパの先が、

この段鼻に引っかかることが原因です。

この階段には段鼻がありません。急いで階段を昇る時も安全です。

Image

一方、階段を降りる時の転倒は、この段鼻が見えにくいために、

どこが段差なのかわからず、階段板を踏み外してしまうとが原因です。

2階から1階を見下ろしますと、蹴込みと踏み面にメリハリができて、

段鼻がくっきりと見える、安全な階段になりました。

Image

階段を昇りきると、廊下もまた床面積を切り詰め、1m角だけです。

左手にドアがあり、室内に入っていきます。

Image

2階は広いワンルームになっています。

正面の小さな窓は、外部に面している窓ですが、

左側の引き違い窓は、1階を見下ろす室内窓です。

Image

1階は、コンクリート床のまま、壁はOSB合板を丁寧に貼りました。

天井は屋根下地の合板を、そのまま見せています。天井裏がありません。

電気配線は、天井裏に隠すことができないので、露出配線となりました。