別の選択の余地を、残すように心がけること〈9862〉

イタロ・カルヴィーノの、『カルヴィーノの文学講義―新たな千年紀のための六つのメモ』より。

別の選択の余地を、残すように心がけること

まっすぐ行くこともできるし、曲がることもできる(2017.11.02)


住まい造りや、生き方にも、同じことかもしれません。

私が物語に与えようと思っている全体的な願いと、

両立できる意味は何であり、できないのは何かということを見定め、

またその際には必ず何かしら、別の選択の余地を残すように心がけること、

これが私のすることになります。

イタロ・カルヴィーノ『カルヴィーノの文学講義―新たな千年紀のための六つのメモ』朝日新聞社 1999