カーポートからリビングまで屋根を繋げる 2017.10.25〈9873〉

2017.10.25

住まいづくりの仕事は、とても天気に左右されます。私は、常に明日の天気、この先1週間の天気を確認するようにしています。しかし、住まいてさんには、天気によって左右されない生活を送ってほしいと考えています。

カーポートからリビングまで屋根を繋げる 2017.10.25 雨に降られて一番困るのは、コンクリートの床の打設工事です。工事の当日、翌日は、雨の降らない日を選んでいます。打設工事当日、アコーディオンドアを取り付ける前に撮影(2005.04.05)


住まいてさんは、車いすユーザーです。

既存の玄関は、バリアフリーリフォームしたとしても、続く廊下は長く、

ドアの幅は狭く、廊下から各室に出入りするのは困難でした。

Image

そこで、カーポートの奥にある、リビングの掃き出し窓を、

玄関のように、出入りすることになりました。

ゆっくりと、車の乗り降りができるように、カーポートには、

屋根が必須です。できるだけ大きな屋根を掛けました。

また、カーポートの柱が、出入りの邪魔にならないように、

柱の位置を自由にできる屋根にし、柱は端に寄せました。

Image

門扉は、車いすで開け閉めしやすい、アコーディオンドアです。

アコーディオンドアは、「親子型開閉」にしました。

「親子型開閉」とは、ひとの出入りするときは、小さく開口でき、

車を出入りさせるときには、全部を開口できるものです。

Image

カーポートの奥は、リビングや庭に繋がっています。

車から降りた後、雨に濡れずに掃き出し窓まで行けるように、

カーポートとつながるように、テラスにも屋根をかけました。

外出したい時は、晴天だけとは限りません。屋根を連続させることで、

雨天でも外出したい気持ちを、持ち続けられるようにと考えました。

Image

住まいてさんは、立ち上がることができる方でした。

リビングの掃き出し窓の前には、階段型の踏み台を置きました。

手すり付きの踏み台にし、また、窓枠にも手すりを付けてあり、

30cmほどの段差を、上がり下りします。

住まいてさんは車いすを、外用と内用を乗り分けています。

置き場所に困る外用の車いすは、外に置きますが、

屋根があるので、雨に濡れなそうです。

この先、必要になった時には、段差リフトにする予定です。

Image

このお住まいは庭にも、段差なく行くことができます。

ご近所の散歩や、デイサービスにも、ここから出かけていきます。

住まいてさんが予定していたことが、当日の天気によって、

左右されないようになった、バリアフリーリフォームとなりました。