街角に建つ3階建て:コンセプト〈9882〉

2017.10.16

2017年10月から、工事が始まりました。県道と市道の角地に建つ、3階建ての住宅です。街角に建つ建物は、その街並みに対して「責任」を持ちます。車も人もたくさん通ります。狭くるしさを与えないように、交差点から建物を後退させました。大きなバルコニーが気持ち良さそうです。

街角に建つ3階建て:コンセプト 高さは9.5m、奥行きは約8.4m、間口は約7.5m。その立方体から、3階バルコニーと、玄関ポーチとを、くり抜いた形です(2017.09.09)


建物の設計図では、立面図(建物の外観)を、東西南北の4面に分けて、

書きますが、実際には建物は、斜めに見えてくるのです。

立面図ではわかりにくい、その斜めの見え方を、模型で確認するのです。

Image

街角に建つ建物は、その町並みの風景を決定します。

その建物によって、その街並みの印象が決まってしまうからです。

町並みに対して責任を持てる、外観にしました。

「角地の見通しをよくするために、交差点から建物を、後退させる」

「交差点の角に向かって、大きなバルコニーを造り、高さを抑える」

3階建てなので、どうしても高くなってしまうのですが、

道ゆく人たちに、狭くるしさを与えないように、配慮しました。

Image

東面は、3階までの高さがあります。

この面は、バルコニーに対比させるように、フラットにしました。

点々とある小さな窓、どの窓がどの部屋なのか、わかりにくくしています。

3階から2階と降りていく出隅が、玄関の上に浮かびます。

一見、不安定に見える、出隅の処理の仕方は、ちょっとしたアイロニーです。

Image

3階には、10帖ほどのバルコニーがあり、2部屋に面しています。

気持ち良さそうですが、大切な役割があります。

火災など、万が一の緊急時に、このバルコニーに避難できるのです。

避難路として階段が使えない場合、まずは屋外に出られることが大切です。

これは、法的に要求されていること、ではないのですが、

3階に部屋をつくるとき、私は必須条件だと考えています。

また、部屋を通らなくても、階段室からバルコニーへのドアもあり、

日々の暮らしの中でも、便利な動線になっています。

Image

2階にもLDKから出入りする、バルコニーがあります。

リビングやキッチンからも、すぐにバルコニーに出て、外を眺められます。

Image

プランが確定すると、地盤調査を行いました。すると、すると、

3階建ての建物の建てるには、地耐力が十分ではありませんでした。

地盤面から5mほど下がらないと、安定した支持層が得られませんでした。

工事は、地盤改良工事から始まり、コンクリート製のH型杭を選択しました。