我が家をご紹介します(キッチン・食器棚)〈9896〉

2017.10.02

我が家のキッチンを、ご紹介させてください。流し台の位置は大きく移動しました。 多少使い勝手が悪くても、対面式キッチンにしたかったからです。キッチンは6帖ほどのスペースがありますが、流し台と食器棚が、L字形に直交するレイアウトです。これもまた、「ひとさま」の家ではできないことですね。

我が家をご紹介します(キッチン・食器棚) リフォーム前の流し台は、この窓に向かって流し台があったのですが、その位置では、リビングやダイニングに背を向けることになってしまいます(2006年撮影)


Image

このL字形のキッチンを、使いやすくするためには、食器棚が重要でした。

向かい合わせの、造り付け食器棚を造りました。シナ合板のクリア塗装です。

食器棚には食器だけでなく、食品やお菓子、 書類や薬品なども収納します。

Image

窓に面した側の食器棚は、カウンターになっています。

家内はこのカウンターで、郵便物や料理の本を読んでいます。

小さな窓を造っておいて、よかったと思いました。

夜間も使っているようなので、照明器具を取り付ける予定です。

写真にはごみ箱を入れませんでしたが、この食器棚の右側に、

プラスチック類と、可燃物の、ふたつのごみ箱が置いてあります。

冷蔵庫だけは、流し台の背面に置くことができました。

冷蔵庫の天井が低くなっているのは、階段の下だからです。

Image

冷蔵庫側の食器棚には、調理家電スペースがあります。

ホームベーカリー、炊飯器、トースターが置いてあります。

右側に見える引き戸は、洗面室への近道です。

引き戸を開けると、洗濯機が置いてあり、その先には洗面台です。

普段は開けっ放しにもできるので、引き戸にしておいてよかったです。

Image

向かい合わせの食器棚の間を通り抜け、洗面室に向かうことができる。

洗面室から廊下に、廊下からLDKに戻ってくる。

ぐるりとひと回りできる「回遊動線」は、とても住みやすいです。

LDKから洗面室へと向かうとき、「どちらのルートで行こうかな」と、

「キッチンの混み具合」で、ルート選択できるのは、ちょっとした贅沢です。

Image

リビングから、キッチンを眺めた様子です。

ついたての様な小さな壁が、流し台を隠しますが、この壁の中には、

構造上、抜けない柱が2本あります。インターホンも取り付けました。

キッチンから、リビングを眺めた時には、リビングの様子だけでなく、

リビングに置いてあるテレビや、庭で遊んでいる様子も確認したいです。

Image

調理をしている時に、眺めたいものを考えました。

ダイニングの出窓の外の景色、道路の様子、天候などですかね。

ダイニングテーブルに向かう、家族との会話できることも大切です。


キッチンからカウンター越しに、ダイニングを見た風景です。

私は左側の本棚を背にして座り、娘は窓を正面にして座ります。

ふたりが、テーブルに向かい合う風景が微笑ましいと、家内は言っています。